デパスは抗うつ剤としても使用されており短時間型に分類されていてしっかりした効果を感じることができます。

抗うつ剤としても有効なデパスとは

抗うつ剤として有効なデパス デパスは、抗うつ剤としてだけではなく、抗不安剤、睡眠薬、筋弛緩剤、としても用いられるお薬で、安全性も高く多方面で効果を発揮してくれます。

医療機関においては精神科で処方されることが主ではありますが、精神科に通院をすることに対して抵抗がある場合は内科でも不眠に悩んでいる旨を医師に伝えると処方してもらえる場合があります。

デパスは、服用してから3時間ぐらいを目安に血中濃度が高まるため、効果を実感しやすくなり、そのお薬の効果は約5時間から6時間程度持続します。

さらにデパスは、上記の用途以外にも身体の不調を改善してくれる効果があり、肩こりや腰痛などの症状に悩んでいたり、頭痛が長く続くなどの症状に対しても服用する場合があります。

多くの医療機関で処方を行っている医薬品で、効果も安全性も高いですが、その分、併用禁忌薬も存在しますのでとても注意が必要です。

特に持病がありお薬を常用しているなどの場合は、そのお薬と野のみ合わせが悪く症状を悪化させてしまう可能性も十分に考えられますので、お薬の併用などをする際には事前に把握することがとても必要になります。

抗うつ剤としての働き

抗うつ剤としての働き
デパスの抗うつ剤としての働きですが、正確に説明するとデパスは抗うつ剤には分類されておりません。抗不安薬に分類されています。抗うつ剤とはうつ病の治療やうつ症状を改善するためのお薬で、即効性はなく長期にわたって治療していく必要があります。効果を感じるまでに少なくとも1か月はかかり飲んですぐ効果が出るというデパスとは少し異なります。

抗うつ剤自体はうつ病の原因自体を取り除く効果があり基本的には単剤での服用となります。単剤で服用し症状が改善されなければ1錠で最大量まで増量させていきます。抗うつ剤自体すぐに効果が出るわけではないので効果がないのでは?私には合わないのではないか?お思いになるかもしれませんが、基本的に抗うつ剤とは徐々に治療していくお薬だという事を念頭に入れておきましょう。

抗うつ剤には少し抵抗があるという患者様も少なからずいらっしゃいます。そしてすぐに症状を改善させたいという場合に抗うつ剤としてデパスが処方されているのです。

デパスは不安な感情や強い緊張、動悸、イライラ感、うつ症状を改善させることができ、その他にも様々な症状に処方されています。抗うつ剤としてもデパスは活躍しており非常に万能性に優れたお薬となっているのです。

デパスを購入する

うつ病とは

うつ病世界ランキング 眠ることが難しくなった、以前に比べてやる気がない、食欲が無く性欲もない、イライラしてしまうなど日常生活で変化や違和感、問題があるようになった際は、うつ病を疑ってみてください。

実は他人事のように考えていたうつ病は、身近な存在であり誰にでも起こりえる事なのです。
うつ病は身体的な要因や精神的な要因でおこりますが、ほとんどが何らかのストレスなどがきっかけで起こると考えられます。

普段の精神的な問題の積み重ねや身体的なフラストレーションをためることでそのキャパがオーバーしてしまい、通常なら何ら問題が無い事でも考え方が変わってしまったりして、乗り越えられなくなってしまうのです。

一番多く見られる症状が不眠症で、眠れなくなることで体にも負荷がかかってしまい、さらに具合が悪くなるという悪循環にも陥ってしまいます。
実は日本はうつ病大国で約10%の人が何らかの症状を感じたことがあるとされており、実際の人数はもう少し多いとも考えられています。

さらに厚生労働省によるとうつ病患者は年々増加の傾向にあり、インターネットやSNSの普及などから家の中にいてもうつ的ストレスを感じてしまう事などが原因ではないかと考えられます。

うつの症状は様々ですが、中には軽いものから日常生活において支障をきたしてしまうものなど、その度合いによって治療方法も異なってきます。
うつ病の治療において注意しなければいけないのがう完治した後のうつ病の再発です。実はうつ病を完治した患者の約5割はうつ病を再発しているのです。
一昔前に比べてうつ病は一般的に知られるようになり、認知度も上がってきましたが、やはり理解度が高いものとは言えず中々他の人には相談しにくい症状です。
専門医も増加しておりますが、やはり病院へ行くとなると気落ちしてしまうや、自分はそこまででは無いなどと考えてしまい治療に進めていない方がいるのも現状です。

うつ病には治療薬がたくさんあり、服用方法をきちんと守ることで、完治させることも可能です。

中には薬の服用を懸念している方もいらっしゃいますが、医師と相談して自分にあった治療方法を見つけることで日々の生活は変わることができます。
治療薬の依存症などの問題もありますが、用法容量を守り服用する事で依存問題も解決できます。

うつ病は自分でまず今の症状を把握することが大事で、少しでもおかしいと感じたら早めに専門の機関などへ相談するなど対策をするようにしましょう。

うつ病の発症の原因について詳しく

デパスとうつ病の関係

デパスとうつ病の関係 デパスは上記にも記載しましたが、正式には抗不安薬に分類されているお薬です。精神安定剤などともいわれています。うつ病の治療自体には抗うつ剤が使用されているのですが、うつ状態であればデパスが処方されることもあります。最近になってデパスは向精神薬にも分類されるようになりました。向精神薬とは精神に対して作用するお薬のことで、非常に大きい部類になります。うつ病治療に使われる抗うつ剤も向精神薬に指定されています。

うつ病とうつ状態のはっきりとした線引きは難しいのですが、うつ病は疾患が原因でうつ状態になってしまっていることを指し、うつ状態はその精神的な意欲やエネルギーが低下してしまった状態のことを指します。うつ状態になってしまったからと言って必ずうつ病と診断されるわけではありません。

うつ状態にの時に早急な治療が必要と診断されればデパスが処方されることもありますし、うつ病とはっきりわかれば抗うつ剤で治療を進めていくのです。うつ病以外の病気でもうつ状態になる事もあり、診断基準があるわけではないのですがうつ状態でデパスが処方されても必ずやうつ病であるというわけではないのです。

デパスはうつ病治療の入り口とも考えられ、うつ病の初期症状である落ち込みが継続したり、やる気が起こらなかったり、不安な気持ちを感じた時などにデパスは使用されています。

うつ病の治療でも抗うつ剤とデパスを処方されることもあり、デパスを頓服として使用したり、眠れない時の睡眠薬としても使用できる万能薬となるのです。しかしデパスも効果が表れやすい薬ですぐに自分でも薬の効き目を実感することができるため依存に繋がりやすいと考えられています。重度なうつ病の場合はデパスだけでなく、抗うつ剤でゆっくりと治療していく必要があるのです。

デパスの効果

抗うつ剤デパスの効果

精神が不安定になった時、いわゆるうつ状態になってしまった際に、医療機関などで抗うつ剤としても処方されるのがデパスになります。安全性も高く、精神不安定の原因が複数ある時などには、とりあえずと処方されることもあります。処方を行うことが多いお薬にはなりますが、その服用するにあたり、特徴や注意点というのはしっかり把握してのが賢明です。


デパスはベンゾジアゼピン系と同じ作用を持っており、抗うつ剤の中でも抗不安作用が強く、そして筋弛緩作用も強くなっています。そのため服用後心身ともにリラックスさせることができるのです。不安でいっぱいだった心や、緊張で張り裂けそうな心、気力がなくなってしまっていた心などもデパスの服用により改善させることができます。


お薬の効果自体は服用してから30分~1時間ほどで実感することができ、3時間程度で効果のピークを迎えます。そして6時間を過ぎた後からその効果が少しずつなくなっていきます。抗うつ剤の中でも「短時間型」に分類されており、効果をすぐ実感できそしてか体から抜けるのも早いといった特徴を持っています。そのためすぐ効果を得たい人はデパスを選択することが多くなっています。


お薬の作用時間をしっかりと把握し自身の症状と向き合い、さらにお薬の用量を守ることで精神的な乱れや気持ちが落ち込むといった事を防ぎ、いつも効果を持続させ安定した精神で日常を過ごすことができます。



デパスは睡眠薬としても処方される

デパスは睡眠薬としても多く扱われています。うつ病の患者様の多くは不眠症でも悩んでいることが多く、睡眠前の不安な気持ちや緊張している気持などを無くすことで眠りやすくさせるのです。入眠に関して問題がある場合はデパスは即効性が期待できるので睡眠薬として使用できます。しかし作用が短時間型ですので中途覚醒や、自分が睡眠しておきたい時間よりも早く目覚めてしまうという不眠症にはあまり向いていないと考えられます。


逆にストレス性の不眠症で入眠するのに時間がかかってしまう場合にはデパスが睡眠薬として処方されることが多くなっています。しかし毎日デパスを睡眠薬代わりに服用すると耐性がついてしまう可能性があるので、医師と相談し使用方法を確認する必要があります。

デパスは抗うつ剤としての使用の他に睡眠薬、更年期障害の薬、そして、筋弛緩作用があるため重度の肩こりや腰痛、そして筋肉の強張りの解消のためにも処方されています。



デパスの筋弛緩作用について詳しく

デパスの服用方法

デパスの服用方法

個人差はありますが、目安としては一日中精神的に不安定なことがある場合には、持続時間が6時間になりますので、朝、昼、夜などと3回に分けて服用するのがおすすめです。


逆に一日中不安定になる訳ではなく、睡眠が十分に取れないなどある一定の時間だけ不安定になる場合には、夜眠りに就く30分から1時間程度前に服用し布団に入るのが理想的です。精神的に不安になる時間というのが数時間であったり、稀だという人の場合は毎日服用する必要はなく、そういった症状が出たさいに服用をするようにすれば問題ありません。


精神を安定させてくれるデパスですが、効果の高さや安全性の高さから必要以上に服用してしまう人もいらっしゃいますが、一度に決められている量を超えて服用しても当然ながら効果がより高くなる事はありません。


それどころか、依存度を高めてしまったり、身体が慣れてしまいお薬の効き目が弱まってしまったりという可能性もあるので、服用方法は必ず守り、お薬の効果が有意義なものになるように注意しましょう。また、デパスを服用した際には、日中であっても車の運転や、危険が伴う重機の操作、作業を行うのはよくありません。お薬の作用時間と相談し、事故などが起こらないようにしましょう。




デパスの副作用

デパスの副作用

デパスは精神安定剤や抗不安薬と言われているお薬の中でも効果をしっかりと感じ効き目の高いお薬となっています。そのため心療内科や精神科ではもちろん、内科や整形外科などといった様々な診療科で処方されているのです。しかし効果が高い分副作用が表れやすくもなっているのです。もちろん副作用がある=悪い薬ではなく、デパスは厚生労働省によって認められた安全性の高いお薬となっているのです。

デパスの副作用で代表的なのがやはり依存性や耐性です。依存性は薬の効果がはっきりとわかるため依存し、デパスがなしでいられなくなってしまうことで、耐性は大量に摂取したり、長期にわたって連続して使用することで効果が表れにくくなってしまい、さらに服用量や服用頻度を増やしてしまう事です。これらの副作用はデパスの飲み方によっては表れやすくなるので、医師と相談しながら投与量を考える必要があります。

その他の副作用としてデパスは睡眠薬としても処方されていますが、その分睡眠を求めていない人にとっては眠気が表れてしまう可能性があるのです。そして筋弛緩作用もありますのでふらつきなどを感じてしまう事もあります。特に高齢者は転倒事故につながりやすいためデパスの服用のタイミングや量などを気にしなければいけないのです。

エチラーム(デパス)
  • デパス
    エチラームとは、抗うつ剤、抗不安薬として有名なデパスのジェネリック医薬品です。
    精神薬として幅広い効果が期待できます。
    また、精神薬としてではなく、不眠症などの改善として睡眠障害にも利用されるなど利便性が高いことからとても人気な商品です。


デパスの依存性と離脱症状

デスクワーク疲れた男性 デパスは今現在日本国内において人気の高い抗不安薬ですが、服用を続ける事で不安となるのが依存性と離脱症状でしょう。

抗不安薬の中でもベンゾジアゼピン系に分類され、効果が高くて副作用が出にくいことから頻繁に処方されているのですが、比較的この分類は依存する事が分かっており、デパスはその中でも依存しやすいと考えられます。

デパスを正しい用量用法で服用する事が求めらるのは依存症などを引き起こさないようにするためでもあります。

まず依存は薬以外にも、たばこ、お酒、ギャンブルなどにつきもので、そして依存があるものを急激に辞めてしまう事で離脱症状が表れてしまいます。

そして定期的に、または毎日体に取り入れていたものが急に体の中からなくなることで、体が異常を察して様々な症状をもたらしてしまいます。

デパスは抗うつ薬ですので、服用する事によってこころを穏やかにさせたり、不安な気持ちを無くすことが事ができるので、日々の生活において重要です。
人間はすべて感情で動きますので、治療薬を飲むことで不安な気持ちがなくなれば生活しやすくなります。

しかしデパスは効果が高い反面作用が強いことに結びつくので、使用している人が効果や作用を実感しやすく、薬に頼りがちとなってしまうのでしょう。

さらに薬の成分の半減期が短時間型ですので、体から抜けるのが早いがために服用する回数も増え、そして何回も飲むことで体も慣れてきてしまうのです。

依存症はより服用回数を多くしたり長い期間飲み続けたりすることによって起こりやすいと考えられているので、飲み方を考えることで依存症を防ぐことができます。

もし自分はデパスの依存症かもしれないと感じたら、離脱症状を起こさないためにも徐々に薬を減薬していきましょう。

離脱症状は急に薬を絶つことで体が変化を感じ取り、様々な信号を送ることでおきますので、服用を中止したいと思っても、自分自身で判断せずに、専門の医師などに相談して下さい。離脱症状は日常生活で支障をきたしてしまう事もあり、中には自らの命を絶ってしまう事もあります。

デパスは効果も高く副作用も少ないので、処方されやすいですが服用方法は必ずきちんと守りましょう。

デパスを抗うつ剤として使用するに当たって

デパスの使用に当たって

上記で記載してきた通り、デパスは抗うつ剤としても処方されており、同じ系統の薬の中でも効き目が早く薬が効いてきたのが実感しやすいお薬となっています。抗うつ作用以外にも筋弛緩作用で肩こりや、腰痛、そして頭痛などでも処方されており、就寝時の不安を取り除く効果もあるため睡眠薬としても多くの人が利用されています。これだけ使い勝手が良く安全性の高い抗うつ剤であるデパスですが、やはり1度使うとその便利さに依存症になってしまう可能性も高いのです。

デパスは頓服薬として多く使用されていますので、不安が強いときや眠れない時などに使用するのですが短時間型となっている為すぐ効果が切れるので1日に1回だけでなく数回服用することになります。何回も服用を続けていると薬に対しての耐性が出てしまい、量を増やしたり飲む回数を増やしてしまう事があるのです。この場合急に服用を中止すると離脱症状を起こしてしまう可能性があるので必ず定められた用量や用法でデパスは使用しましょう。

デパスは使い勝手が良く万能性の高い薬ですが長期継続使用には向いていないと考えられます。

日本で抗うつ剤や抗不安薬、うつ病に効く薬と言えばデパスがかなり有名ですが、実は海外ではあまりデパスは知られてはいません。日本人向けに開発された抗うつ剤としてとらえられています。

そして以前まではデパスや、デパスと同じ有効成分のエチラームなどは個人輸入をすることが可能でした。しかし平成28年にデパスの有効成分エチゾラムは向精神薬に指定され個人輸入することができなくなりました。しかし他にもデパスと同じ作用を持つ薬はたくさんあり、その薬を個人輸入することは今でも可能となっています。

もし個人輸入でデパスと同様の特徴を持つ薬を購入する場合は、必ず使用方法や使用量を守り安全に使用してください。個人輸入で海外の薬を購入する場合すべて自己判断で自己責任となるのを覚えておきましょう。

デパスが向精神薬に指定

デパスが向精神薬に認定

デパスは平成28年に厚生労働省が向精神薬に指定したため従来まで個人輸入で購入できていたのが禁止となりました。これにより海外でデパスの有効成分である、エチゾラムを購入し日本に持ち帰ることもできません。日本から個人輸入代行サイトを利用し、処方箋薬を通販できるというとても便利な方法のため多くの人がデパス、デパスのジェネリックを通販で購入していました。

しかしデパスは効果が出やすい反面依存症になりやすい、離脱症状を起こしやすいなどの使用方法を誤ってしまうと思わぬ副作用が出てしまう可能性が高いのです。薬の乱用や、依存などを招きやすい為向精神薬として認定されたのです。

便利な薬だからこそ実は慎重に使用しなければいけないのです。

デパスは向精神薬に指定されましたが、従来通り日本国内で処方箋薬として病院やメンタルクリニックなどで処方されています。

しかしこれまではデパスやそのジェネリック医薬品に対して、処方できる日数は定められていませんでしたが、向精神薬に指定されたことによって1回に処方できる日数が30日以内までとなりました。以前まで処方できる日数を定めていなかったことにより、1回の処方で90日以上分も処方されていたこともあり、効果をさらに得たいがために大量に服薬してしまうなども問題もあったのです。

デパスは抗不安薬に分類されていますが、抗不安作用だけでなく、筋弛緩作用や睡眠薬としても使用されています。睡眠薬として個人輸入で入手していた人などはこの指定により大変不安な気持ちになったと聞いています。実はこの向精神薬指定の中には睡眠薬として日本で多く処方されているアモバン(一般名:ゾピクロン)も含まれているため、アモバンやアモバンジェネリックも個人輸入することができなくなりました。

しかし、デパスやアモバンに似た効果を得ることができる医薬品は実はまだ個人輸入することができるものもあり、通販として手軽に購入することができます。デパスが個人輸入できなくなった今、同じような作用をもつ薬を通販で購入する人もいるのですが、必ず使用方法、使用量などを確認してから購入、服用するようにして下さい。

個人輸入できる『デパス』と特徴の似たお薬

抗うつ剤としてしても利用されている『デパス(一般名:エチゾラム)』が、平成28年9月14日付で厚生労働省により向精神薬指定となりました。

向精神薬に類似する依存性などの有害性が認められたことが理由です。

これにより従来個人輸入でデパスやデパスのジェネリックを海外から購入することができていたのですが、今現在では個人輸入禁止となっています。通販で購入する事も出来ませんのでご注意ください。

しかしデパスは向精神薬に指定されましたが、デパスと同等の特徴を持ったお薬の中でも個人輸入できるものもあります。その中からさらにデパスと特徴の似た3点のお薬を参考にまで記載致します。

  • セディール セディール アゼピロン系の抗不安薬で、緊張や不安な気持ちを抑制する効果が期待できます。抗うつ作用も持つ新しいタイプの抗不安剤です。
  • バスパー バスパー・ジェネリック セロトニン作動性抗不安剤の先発薬で知られる『バスパー』のジェネリック医薬品のため、それと同じ効果が期待できます。
  • ソナタ ソナタ・ジェネリック ザレプロンを含有する医療用の睡眠薬で知られる『ソナタ』のジェネリック医薬品のため、それと同じ効果が期待できます。