うつ病の原因は一つだけでなく複数が合わさり発症すると考えられています

TOPページ >うつ病の原因

うつ病の原因について

うつ病の原因 うつ病は一昔前までは理解されにくい病気でした。うつ病=普通じゃないなどと言ったイメージを持っていらっしゃる方が多く、自分でもうつ病だという事を認識したくない、うつ病だという事を知られたくないなどと自分自身で認めずに適正な治療をせず放置することで症状が悪化し、最悪な状況へ陥ってしまうこともあります。

うつ病は実は誰でも発症してしまう可能性のある病気で決して他人事ではありません。

うつ病に関して以前に比べると認知度は高くなっていますが、なぜうつ病になるのか、どうして発症してしまうのかうつ病の原因とは何なのか、一般的に理解されているかと言えばそうではなくまだまだうつ病に関して日本は理解がある国ではないと言えるのです。

未だにうつ病はこころが弱い人がなるのではないか、我慢が足りないからそんな状態になってしまうのではないかとなどと考える人がいます。言ってしまえば偏見や軽視、他人事ですが、正直なところうつ症状を経験した事がない人からすると、うつ病がどんなものかというのは分からないものです。

うつ病は脳の働きに対して異常がみられて起こると考えられています。うつ病が発症する原因は人それぞれであり、ストレスなどが溜まって発症してしまう事もあれば、急に起こった出来事に対して発症してしまう事もまります。その他にも病気が原因で起こることや、楽しいことが続くと急に落ち込んでしまったりなどと発症してしまう原因は様々なのです。

うつ病の原因の種類

うつ病の原因は一概にもこれと言うもが当てはまらずそれぞれ原因が異なってきます。明確な原因は判明していないのですが、多くの研究結果などからうつ病の原因は一つだけではなく、何個かの原因によってそれが合わさりうつ病が発症すると考えられています。

うつ病の原因を大きく分けると3つあると考えられています。これらが合わさりうつ病が発症するとされています。

外的なことによる原因

外的な事による原因

外的な原因が外から感じるストレスなどが当てはまります。仕事に関してや人間関係、家庭内環境など自分が生活していくうえで感じるストレスが原因となります。人それぞれストレスと感じるものが異なり、人によっては平気な事でも自分はストレスに感じるという場合もあります。このストレスをためてしまう事によってうつ病が発症してしまう事が多くなっているのです。

外的な原因が大きく割合を占める場合、生活環境を変えていかなければいけないのですが、生活を変えるということは簡単な事ではありません。特に人間関係は生きていくうえで必要不可欠な事であり特に仕事や家庭の人間関係は急に変えれるものではありません。一昔前に比べると今企業でもメンタルヘルスチェックなどを定期的に職場内で行っているところもありますが、実際にそこで解決に至ったという話は中々耳にはしていないです。形だけのメンタルヘルスチェックであれば、していないも同然なのです。

さらにストレスは一切なくすという事は難しく、上手に付き合っていく必要もあるのです。もちろん生活環境を変えられるのであれば変えることに越したことはありません。ストレスの原因から逃げることも治療の方法の一つだと考えられています。もしその環境自体を変えるのが難しいのであれば逃げるのも方法の一つだと思います。

内的なことによる原因

まじめな男の子イラスト 内的な事による原因は性格的な事がほとんどです。人によってストレスの捉え方は異なっており、特に真面目な人ほどストレスを受けやすいと考えられています。真面目な人ほど少しのミスでうつ病が発症してしまう可能性が高いのです。挫折したことがない人が些細なミスで人より激しく落ち込み、几帳面な人も思った通りに物事が進まない場合などうつ病になりやすいのです。

すこし自分に対して甘く考えることも大事なのです。物事の捉え方によって日常生活や感情が大きく異なります。人の性格はそんなに簡単に変わるものではなく、逆に変えることはできないと考えられるでしょう。

同じ物事でも次があると考えられるか、もうおしまいだ生きていけないと考えるかによって大きく異なっているのです。

これらが原因の場合は性格を変えるのは難しいの、カウンセリングや、お薬での治療が行われています。正確にはデパスは抗うつ剤ではありませんが不安な気持ち、眠れない、激しい動機、やる気がなきなどの症状をすぐさま改善させることができます。薬での治療が今は一般的となっており適正な量を適正な方法で使用することが重要となっています。

デパスの働きについて

遺伝が原因

実はうつ病の原因として遺伝も考えられています。しかし必ずや遺伝するわけではなく少しは関わっているという程度となっています。親がうつ病であったからと言って自分もうつ病になるというわけではなく、他の人に比べるとうつ病になりやすいという見解となっています。生活環境が同じだからなりやすいという場合もあります。親がうつ病であった場合もあまり遺伝のことは考えない方が良いでしょう。

うつ病の種類

うつ病の種類には大きく分けると2つに分類され、まず一つ目が常にうつ状態の単極性うつ病と、躁状態とうつ状態を繰り返すのが双極性うつ病と言い、以前は躁うつ病と呼ばれていました。

・単極性うつ病

一般的なうつ病のイメージはこの単極性うつ病に当てはまります。うつ状態が常に続きやる気がなくなったり、不安な気持ちになったり常に動悸が治まらなかったり、焦燥感を感じる、眠れなくなるなどの状態になってしまうのです。これらの症状が2週間以上続く場合単極性うつ病、または単極性障害に当てはまります。

・双極性うつ病

双極性うつ病の場合、前の日の夜は躁状態で元気だったのに、次の日の朝になるとうつ状態へとなっていたりするので気分の高低差が激しく身体がついていけない状態へとなり、実は単極性うつ病よりも自殺者が多く、躁の時の自分に対してうつの状態の自分が責任を感じやすく激しい落ち込みへとなってしまうのです。分かりやすく説明すると普段の気分から落ち込むのと、気分が良い状態から落ち込むのでは落ち込んだ位置は一緒でもスタート位置が違います。双極性うつの場合はそのふり幅が大きすぎてより精神的なダメージが大きくなってしまうのです。

うつ病の原因は一つではない

うつ病の原因は一つではない

うつ病に関しては様々な研究がおこなわれていますが、結果としてはうつ病の発症の原因は一つではないという事です。いくつかの原因が重なってストレスやフラストレーションがたまり、何かがきっかけでうつ状態へとなるのです。そしてそのうつ病からまた他の病気へとつながる場合もあるので、うつかもしれないと感じたら早めに治療することをお勧めいたします。

うつは誰もが発症する可能性がありますが、特に発症しやすい性格がありまじめな人や責任感の強い人はなりやすい傾向にあります。完璧主義な方がミスをしたことによって責任を感じてしまい他の人から見ると些細な事でも、捉え方が異なってきてしまうのです。その他にも他人からの見られ方を気にするのが強い人や、他人に対して慎重な方も相手を気にするがあまりストレスをためこんでしまい、うつ病になりやすくなるのです。

うつ病は「心の風邪」とよく言いますが、風邪のように単純なものでは無く実は様々な事が原因で起こるのです

抗うつ剤の通販のバナー