エビリファイは通販でも購入できる抗精神病薬です。効果や副作用、飲み方などをご紹介。

TOPページ >エビリファイ

エビリファイは通販でも購入できる

エビリファイ

エビリファイは2006年に大塚製薬が発売した新しいタイプの非定型抗精神病薬で日本国内だけでなく海外でも人気の高いお薬です。統合失調症の治療を始め、双極性障害、うつ病などの治療につかわれています。

そんなエビリファイは日本では処方箋薬として指定されているので病院で医師に処方してもらわないと購入できませんが、実は通販でも購入することができるのです。

様々な事情から病院へ行けない人などにとってエビリファイを通販で購入できることはとても便利で人気の購入方法となっています。そんな人気の高い通販で購入できる抗精神病薬であるエビリファイについて詳しく説明していきます。


>>エビリファイを今すぐ購入

※リンク先はエビリファイのジェネリックになります。





エビリファイとは

エビリファイは日本の大手製薬会社である大塚製薬が開発したお薬なのですが、日本での発売よりも4年も前である2002年にメキシコで承認されており、それから60か国以上で承認されています。

抗精神病薬の中でも第2世代、もしくは非定型という新しいタイプで、従来の精神病薬と比較すると副作用が全体的に減少しています。さらに第2世代の中で安全性が高いお薬で安心して使用することができます。

元々エビリファイは統合失調症を治療するためのお薬として開発されたのですが適応症状が多く、2013年にうつ病やうつ状態、2016年には小児期の自閉スペクトラム症なども適応症として含まれました。

現在エビリファイは

・統合失調症
・双極性障害における躁症状
・うつ病やうつ状態(現在行っている治療で改善されていない場合)
・小児期における自閉スぺ口ラム症に伴う易刺激性

などを効果、効能としています。

エビリファイの効果

エビリファイの効果

エビリファイですが、有効成分はアリピプラゾールでドパミン系の神経を正常な状態に安定させる効果がありDopamine System Stabilizer(DSS)とも呼ばれています。

この効果によって統合失調症の他うつ病、うつ状態、双極性障害、自閉スペクトラム症などに対しても効果・効能を発揮することができるのです。

長期の治療に向いていると考えられており、気分の高ぶり、不安感などを鎮め停滞してしまった心や体の働きを改善させてくれるのです。

うつ病の場合

うつ病や、うつ状態の治療についてはエビリファイの前に抗うつ剤などで治療を行っておりその治療で改善されない場合に使用されます。

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)であるレクサプロやパキシル、ジェイゾロフト、ルボックス、デプロメール、
SNRI(セロトニン、ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)であるサインバルタ、トレドミンでの治療で改善されない場合
うつ病の症状は不安感を常に感じたり、不眠症、元気が出ない、落ち込んでしまう、気持ちが晴れないなどがありその症状に対して改善させる効果があります。SSRIやSNRIはドパミン神経伝達が低下してしまったのを改善させる効果がないためエビリファイがその効果を補填できるものと考えられているのです。

うつ病の原因について

自閉スペクトラム症(小児期)

小児期の自閉スペクトラムに関しては6歳以上~18歳未満の患者限定です。自閉症やアスペルガー症候群などで攻撃性が強くなり、思い通りにならない場合や、急な出来事、あまり良くない記憶を思い出したりしてしまった時に機嫌を悪くし、物を破壊してしまったり、大きな声を出したり、自傷行為をしてしまう場合があります。そのような時に易刺激性を抑えてくれる効果があるのです。

統合失調症

エビリファイは元々統合失調症の治療薬として開発されました。統合失調症は脳にある情報の伝達系に何かしら不調が出てしまう病気です。その結果感情や、考えなどの制御が上手くできなくなり現実かそうでないかを認識できなくなってしまうのです。

エビリファイの有効成分であるアリピプラゾールがドパミンの働きを調整させ、脳内にある情報伝達系が混乱しているのを改善させてくれます。統合失調症には陰性症状と陽性症状がありますが両方に対して効果を発揮してくれるのです。

統合失調症自体珍しい病気ではなく100人いれば1人はかかる病気だと考えられています。お薬によって治療していけば日常生活に問題なく生活することができます。

双極性障害

双極性障害はうつ状態と躁状態を繰り返す病気です。エビリファイは躁状態に対しても効果を発揮し気分が高まってしまっているのを抑えてくれます。双極性障害は再発率が高いので長期治療が求められていますが、エビリファイは長期治療に向いているので双極性障害の治療に適しているのです。

>>エビリファイを今すぐ購入

※リンク先はエビリファイのジェネリックになります。


エビリファイの副作用

エビリファイの副作用

エビリファイは第2世代の抗精神病薬で1950年ごろから使われている第1世代の抗精神病薬に比べると副作用が抑えられています。

第1世代の抗精神病薬は効果自体は強いのですが、その分副作用も強くなっており中には生活自体に支障をきたしてしまう場合もあるのです。その為どうにか副作用を抑えられないかと研究された結果開発されたのが第2世代の抗精神病薬です。

エビリファイは第1世代でと比べると、不整脈(重症)、悪性症候群、高プロラクチン血症などの副作用が抑えられています。さらに同じ第2世代の中でも副作用が少なくなっているのです。抗精神病薬は継続して使用する場合が多く、より安全なお薬が求められているのです。

エビリファイは安全性の高いお薬ですがもちろん全く副作用がないわけではありません。代表的なのがアカシジアです。アカシジアは静座不能症などとも呼ばれていて足がムズムズしたりじっとしていることができなくなってしまいます。この副作用に伴い精神的にも不安定になってしまう事があります。もしこのような症状が出た場合は医師にし、薬の投与について考えていかなくてはいけません。

その他の副作用として不眠や眠気、頭痛、吐き気、眩暈、体重増加、生理に対する影響などがあります。これらは軽く済む場合が多いですがもし気になったり重症化した場合も医師に相談してください。

高齢者や体の弱っている人は副作用が出やすいので投与に関して慎重にならなくてはいけません。

エビリファイの飲み方

エビリファイの飲み方

エビリファイは症状などによって飲み方が異なります。

・うつ病、うつ状態の場合
通常、成人であれば1日1回3mを水、またはぬるま湯で服用してください。
成分の量を増やす場合には徐々に増量していき、1日の量を3mgずつ増やし1日最大15mgまでとなっています。
症状や年齢によって異なりますので医師に確認してください。

・統合失調症の場合
通常、成人であれば開始の量を1日6mg~12mgとし、その後1日6mg~24mgを維持します。1回、もしくは2回に分けて水、またはぬるま湯で服用してください。1日の最大量は30mgまでとなっているので超えない症にしましょう。
症状や年齢によって異なりますので医師に確認してください。

・双極性障害の場合
通常、成人であれば1日1回12mg~24mgを水、またはぬるま湯で服用してください。開始の量を24mgまでとし1日30mgを最大量としましょう。
症状や年齢によって異なりますので医師に確認してください。

・小児期の自閉スペクトラム症
6歳以上18歳未満の患者に開始の量を1日1mgとします。その後症状に合わせて増量したりしますが1日の増量を最大で3mgとし、1日15mgは超えないようにしましょう。1日1mg~15mgを維持して服用していきます。
症状によって異なりますので医師に確認してください。

>>エビリファイを今すぐ購入

※リンク先はエビリファイのジェネリックになります。


エビリファイの通販について

エビリファイの通販

エビリファイは世界中で人気の高い抗精神病薬です。大塚製薬が発売元なのですが実は大塚製薬の2014年の売り上げの4割はエビリファイで稼いでいるのです。

大塚製薬と言えばポカリスエットやオロナミンCが人気ですがそれら主力商品を抑えてエビリファイは売上げを上げているのです。医薬品には特許と言うものが存在しエビリファイの特許は2015年にアメリカで失効しています。特許が切れたことによって他の製薬会社がエビリファイの有効成分であるアリピプラゾールでジェネリック医薬品(後発薬)を作ることができるようになるのです。

アメリカなど世界中で人気の高いエビリファイですが冒頭でも説明した通り通販で購入することができます。通販で買うのは違法ではないの?と心配になる方もいるかもしれませんがもちろん違法ではなく正規な購入方法なのです。詳しく説明すると、エビリファイを海外から個人輸入することができるという事になります。

エビリファイの個人輸入

エビリファイの個人輸入

海外で一般的に販売されている医薬品であれば日本国内にいながらでも通販することができます。これを個人輸入と言うのですが、個人で使用する場合に限り申請なしで海外から輸入することができるのです。

もちろん個人輸入できない医薬品もあります。抗不安薬、精神安定剤などで日本で有名な「デパス」は2016年に向精神薬に認定され以前までは個人輸入できていたのですが、向精神薬に認定されたことによって個人輸入できなくなりました。

その他にも個人輸入できない医薬品はありますが、エビリファイはそれに含まれていない為現在個人輸入することができるのです。

1回で個人輸入できる個数(種類によって異なる)や、必ず本人が使わなくてはいけない、販売・譲渡してはいけないなど様々な制約がありますが、個人輸入のサポートをしてくれるサイトを利用すれば安全で法律に基づいた購入方法でエビリファイを通販することができるのです。

>>エビリファイを今すぐ購入

※リンク先はエビリファイのジェネリックになります。


エビリファイの通販・個人輸入に関する注意

エビリファイを個人輸入する時に注意しなければいけないのが海外から送られてくるという事です。日本国内での通販では即日配達、翌日配達などのサービスが当たり前となっており、いくら遅くても1週間以内には注文してから手元に届くことがほとんどです。

しかし海外からの発送となると話は変わってきます。日本からネット、もしくは電話で注文し代行サイトが海外の業者にさらに発注しそして海外から飛行機や船で日本の税関に薬が届けられます。そして税関を通って各郵便局などに届けられ、注文者の元にやってくるのです。

長い旅をして海外の薬が届くので注文し手から手元に届くまで10日前後かかると考えられます。世界状況によっても異なりますのでもし疑問な事があれば代行サイトにでも確認してみましょう。

その他の注意としてエビリファイを個人輸入する場合使用に関してはすべて自己責任という事です。医師の処方ではない為必ず使用前に服用方法や服用量を確認し、乱用などは絶対にしないようにしましょう。

個人輸入で購入したエビリファイを含む医療用の医薬品(処方箋薬)は販売したり、譲渡してはいけません。そのため女性用の薬は女性が、男性用の薬は男性でしか購入できませんので注意しましょう。

通販ではエビリファイのジェネリックがお勧め

エビリファイのジェネリック

エビリファイを通販で購入する時におすすめなのがエビリファイのジェネリック医薬品です。ジェネリック医薬品とはエビリファイを先発薬とし有効成分であるアリピプラゾールを主成分とした医薬品を他の製薬会社が開発した後発薬のことを指します。

同じ有効成分なので同じ効能、効果を得ることができ安全性も同等となっています。さらに先発薬で飲みにくかった部分なども改良されている場合もあるのでジェネリックの方が飲みやすい事もあります。

ジェネリック医薬品は先進国のほとんどの国で普及率が70%以上、さらに90%以上のくにもあります。日本でもこれに地下ずく為に国を挙げてジェネリックの普及活動を行っています。

なぜジェネリック医薬品がいいのか?それは販売価格が新薬(先発薬)に比べてかなり安いからなのです。薬によっては先発薬の10分の1以下の価格で販売されているジェネリック医薬品も存在しているのです。エビリファイにもジェネリックが開発されており通販で購入する人の多くがジェネリックを選択しているのです。

エビリファイ・ジェネリック

インドのトップファーマの企業として活躍しているトレントファーマ社が販売しているエビリファイ・ジェネリックが通販で人気となっています。有効成分はもちろんアリピプラゾールで含有量5mgとなっており、統合失調症をはじめとし、うつ病、うつ状態、双極性障害(躁うつ病)の改善のためのお薬となっています。

個人輸入で通販することができますので気になる場合はチェックしてみましょう。

>>エビリファイを今すぐ購入

※リンク先はエビリファイのジェネリックになります。


抗うつ剤の通販のバナー