グランダキシンは穏やかな効果を持つ抗不安薬で自律神経失調症の治療などに使われています。

TOPページ >グランダキシン

グランダキシンとは

グランダキシン

グランダキシンは有効成分トフィソパムを主成分としたベンゾジアゼピン系に分類されている抗不安薬です。日本で持田製薬が販売しており主に自律神経失調症の治療で使用されています。グランダキシンはベンゾジアゼピン系の中でも安全性が高く効果が緩やかな事から自律神経症状を整えることに多く使用されており、別名自律神経調整薬とも言われています。

安全性が高い事から精神科、メンタルクリニック、心療内科だけでなく、整形外科、内科、産婦人科などでも多く処方されています。

ベンゾジアゼピン系と言えば日本で代表的な抗不安薬である「デパス」と同じで、グランダキシンはデパスと同様のお薬となっています。デパスの代わりになるとも言われているグランダキシンの効果などをご説明していきます。

>>グランダキシンを今すぐ購入

※リンク先はジェネリック医薬品になります。


グランダキシンの効果

グランダキシンの効果

グランダキシンの有効成分であるトフィソパムはベンゾジアゼピン系の中でも効果が非常に緩やかです。抗不安薬として扱われていますが、自律神経の調子を整える薬としてよく効果を得ることができるのが特徴的です。

自律神経のバランスが乱れてしまうと不安感を感じたり、動悸、イライラしてしまう、頭が痛くなる、のぼせるなど日常生活を送るのに不快な症状を感じてしまいます。トフィソパムはそんな不快な感情を改善させることができる効果があるのです。

自律神経失調症の他にもうつ病、うつ状態の改善、更年期障害の薬などでも効果を得ることができ多く処方されています。グランダキシンは効果自体はそこまで強くはありませんがその分副作用や依存性がほとんどみられず、抗不安薬の入り口として優れているお薬です。

グランダキシンの4つの効果

グランダキシンの有効成分トフィソパムには

・抗不安効果
・催眠効果
・筋弛緩作用
・抗けいれん効果
などの4つの効果も持っています。
抗不安効果はもちろん感じることができますが、その他の3つの効果は弱いと考えられています。自律神経を整える効果があるお薬として認識されているので、主に自律神経失調症の症状に処方されています。

グランダキシンが向いている人

グラダキシンは効果で説明した通り効果は強くはないけど安全性に優れている抗不安薬です。そのため初めて抗不安薬を使用する人や、高齢者の方、デパスの副作用で困っている人、症状が比較的軽度な人などに向いていると考えられます。

グランダキシンの効果は短時間で半減期を迎えるため、薬の抜ける時間を調節したい人などにも向いていると考えられます。

そしてデパスの個人輸入が禁止になったことによって代わりに個人輸入、通販できる同じベンゾジアゼピン系を探している人もグランダキシンのジェネリックであれば現在も個人輸入、通販することができます。

>>グランダキシンを今すぐ購入

※リンク先はジェネリック医薬品になります。


グランダキシンの副作用

グランダキシンの副作用

グランダキシンの副作用は同じベンゾジアゼピン系の中ではかなり少ないと考えられています。眠気やふらつきも感じる場合がありますが、ほとんどないでしょう。

依存性も低く離脱症状を起こしにくいですが、全くないというわけではないので、服用の量などは必ず決められた通りにしてください。 グランダキシンの副作用としてあげられているのは

・ふらつき、眩暈、眠気、吐き気、口の渇き、便器、食欲衰退などです。

グランダキシンの飲み方

グランダキシンの飲み方ですが、通常成人であればトフィソパムを1回50mg×3回水、またはぬるま湯で服用します。トフィソパムの半減期は短いため、1日3回の服用が必要となります。症状や年齢によって異なるため詳しく知りたい場合は医師に相談しましょう。

グランダキシンの注意事項

グランダキシンの服用に関しての注意事項があります。
グランダキシンには眠気や注意力低下、集中力の低下、反射運動能力の低下がみられることがありますので、服用中は自動車、バイク等の運転や危険性がある機会を操作しないようにしましょう。

乳児や幼児には安全性が確立していません。
妊娠初期、妊娠の可能性がある場合、妊娠中期、後期はグランダキシンの服用での治療が危険性を上回る場合に投与する事となっています。グランダキシンを飲まないと妊婦に危険性があるときに使用するという事です。
授乳時はなるべく服用しないのが望ましいが、もし服用する場合は授乳を避ける必要があります。

併用禁忌

グランダキシンには併用禁忌薬があります。
ジャックスタピッド(一般名:ロミタピドメシル酸塩)とは併用禁忌となっています。グランダキシンと併用してしまうとロミタピドメシル酸塩の血中濃度が高くなってしまう恐れがあるためです。

併用注意

併用注意ですが、タクロリムス水和物、中枢神経抑制剤(バルビツール酸誘導体、フェノチアジン誘導体)を使用している人は併用に関して注意が必要です。

その他にお酒(アルコール)は相互効果によって中枢神経作用が増強してしまいふらつきや眠気を起こしやすくなってしまいます。そしてお酒と共に依存性が強まってしまうのでグランダキシン服用時にはお酒は控えるようにしましょう。

グランダキシンの購入方法

グランダキシンの購入方法

グランダキシンは日本では処方箋薬として定められていますので、病院で医師に処方してもらう必要があります。グランダキシンは心療内科や精神科だけでなく、内科、整形外科、婦人科などでも処方してもらう事もあります。

グランダキシンの有効成分トフィソパムは処方箋薬ですので、処方箋薬無しでのドラッグストアやスーパー、コンビニなどで買う事はできません。もちろんアマゾンや楽天、ヤフーなどで通販することも薬事法では禁止となっています。しかしグランダキシンを正規の方法で通販する事も実は出来るのです。

通販での購入

グランダキシンの有効成分トフィソパムは日本では処方箋薬ですが、海外で一般的に販売されているものであれば申請なしに個人輸入することができます。個人輸入とは個人で使うために海外から輸入することで、日本で処方箋薬として扱われていても販売目的や譲渡目的でなければ通販と同じ要領で購入することができます。

個人輸入となると難しく捉われがちですが、通常の通販サイトでも海外から通販していれば個人輸入と同じことになります。

個人輸入代行サイトを利用することによって法律に基づいた方法でグランダキシンを通販で購入することができるのです。グランダキシンを通販で購入する時はもちろん使用方法、使用量などは必ず確認し、自己責任の元服用しなければいけません。

>>グランダキシンを今すぐ購入

※リンク先はジェネリック医薬品になります。


自律神経失調症とは

自律神経失調症

グランダキシンは自律神経失調症のお薬として活躍していますが、自律神経失調症とは具体的にどのような病気なのでしょうか。

自律神経失調症はうつ病と同じく誰にでも起こり得る病気です。症状は数えきれないくらいにあり一つの症状だけでなく同時期に複数の症状に悩まされることもあります。

そして自律神経の特徴としてその表れた症状が続かず他の症状に代わっていくことがあるのです。
最初頭が痛い、眩暈がするなどの症状が起きていて治ったかなと思ったら今度は急に他の症状で悩まされるという状況になってしまうのです。このように自律神経失調症は一つの症状ではなく複数の症状で悩まされてしまうのです。

自律神経失調症の症状

自律神経失調症の症状ですが、精神的な症状と身体的な症状があります。

・精神的症状
不安感、疎外感、自暴自棄、イライラ、落ち込んでしまう、気力がなくなる、焦り、やる気がない、感情のふり幅が激しい、怒りっぽくなる、情緒不安定、人間不信、悲観的、集中力の欠如、記憶力の低下・・・

精神的症状は他人に理解されにくく、自分でも自律神経の症状だと気づかないで放置してしまう事もあります。

・身体的症状
頭痛、眩暈、だるい、動悸、ほてり、不眠症、ずっと眠くなる、胃腸障害、熱が出る、手や足のしびれ、喉や口の渇き、喉に違和感、頻尿、残尿、まぶたの痙攣、目が疲れやすくなる、耳鳴り、息切れ、多汗、食欲衰退、食欲過食、食道の違和感、勃起不全、不感症、生理不順・・・

この他にも書ききれないほどの自律神経失調症の症状はたくさんあります。
これらの症状は軽いものから重症化してしまうものもあります。早期に治療を始めると治りも早いので、自分の体からのSOSを感じたら早目に治療しましょう。

>>グランダキシンを今すぐ購入

※リンク先はジェネリック医薬品になります。


グランダキシンのまとめ

グランダキシンはベンゾジアゼピン系の抗不安薬に分類されていますが、自律神経失調症の治療で多く活躍しているため自律神経調整薬として知られています。

ベンゾジアゼピン系の中でも穏やかな効果を持ち安全性が非常に高いため依存性や離脱症状、副作用などが心配な方向けの抗不安薬となっています。

グランダキシンは同系統のデパスと比べられることが多くなっています。デパスはチエノジアゼピン系の抗不安薬ですが、ベンゾジアゼピン系と同様の作用を持ちます。そのため基本的な効果、効能は同じとなっています。

デパスが合わないという方やデパスの代わりに個人輸入できる抗不安薬を探している方にとってグランダキシンは人気となっています。通販でグランダキシンを購入する場合必ず使用方法などは確認しましょう。

>>グランダキシンを今すぐ購入

※リンク先はジェネリック医薬品になります。


抗うつ剤の通販のバナー