セディールは通販で購入できる抗不安薬です。効果、副作用、使用方法などをご説明しています。

TOPページ >セディール

セディールとは

セディール

セディール(一般名:タンドスピロンクエン酸塩)とは抗不安作用があるお薬の中でも一番最初の入り口としてよく扱われている安全性の高い抗不安薬です。

大手製薬会社である大日本住友製薬が1996年に販売を開始しており、抗不安薬の他にも精神安定剤や、安定剤などとも呼ばれています。抗不安薬のほとんどがデパスなどの「ベンゾジアゼピン系」ですがセディールはアザピロン系のセロトニン1A部分作動薬に分類されており、同じ系統に日本では未承認である抗不安薬バスパーがあります。

セディールはベンゾジアゼピン系よりも副作用、依存性、耐性などが少なく非常に優しいお薬となっています。



セディールの効果

セディールの効果

セディールは心のストレスなどからおこる自律神経失調症や高血圧、消化性胃潰瘍におけるうつ症状、強い漠然とした不安、焦り、緊張、動悸、不眠症などに対して効果を発揮することができます。

※ストレスや精神の状態で起こる神経症や、ストレスや精神状態で起こる胃潰瘍、高血圧の場合に用いられています。

その他神経症などにより体に異常がない状態で神経が過敏になっている場合のうつ症状や恐怖、不安症状などを和らげてくれる効果があります。

セディールの有効成分であるタンドスピロンクエン酸塩は脳内にあるセロトニン受容体の5-HT1A受容体のみに選択的に働きかけ抗不安効果を得る事ができます。抗不安効果だけでなく抗うつ効果も併せ持っているのが特徴でおだやかに作用し安全性が非常に高い事から初めて抗不安薬を使用する場合や、高齢者の人などによく用いられています。

セディールの効果の強さ

気になるのがセディールの効果の強さですが、抗不安作用や抗うつ作用はベンゾジアゼピン系などに比べると弱いと考えられています。個人差や体質によっても異なるのですが、セディールの半減期は1.2時間、最高血中濃度は大体0.8時間~1.4時間だと考えられています。

デパスなどと同じく短時間型に分類されているように感じますが、セディールに即効性はなく服用を継続させることでセロトニンの受容体が減少していきそれに従いセロトニンが増加するので結果抗不安効果や抗うつ効果を得ることができるのです。

セディールが向いている人

セディールは初めて抗不安薬を使用する場合や、症状がそれほど強くない人、精神科系の薬の副作用が気になる人、高齢者などに向いていると考えられています。その他にもデパスやその他の抗不安薬において副作用が強く出てしまう人や、離脱や依存、耐性の心配がある人などに用いられています。

病院の医師はなるべく薬の依存症などにならないよう試行錯誤して処方していると考えられ、効果、安全性などをすべて踏まえたうえでセディールは選択されやすい薬となっているのです。



セディールの副作用

セディールの副作用

セディールは安全性が高く副作用の少ない薬ですのでまず心配はいらないでしょう。しかし稀に副作用が表れることがあり、ふらつき、眠気、食欲減退、気分が落ちこむ、倦怠感などがあります。

その他にもセロトニン症候群といった、不安が強くなる、興奮、発汗などの初期症状が表れてしまう可能性もありますので、もしこれらと、これら以外にも気になる症状が出た場合は医師や専門家に相談してください。

セディールの使用方法

セディールの飲み方ですが通常成人であれば1回10mg1錠を1日朝、昼、晩と3回水、またはぬるま湯で服用してください。

症状などによっても異なりますが1日の最高量は60mgまでとなっています。量を増やしていく場合は急激に増やすのではなく徐々に少量ずつ増やしていきましょう。

セディールの使用に関しての注意

以前セディールを使用してかゆみや発疹などアレルギー症状が出たことがある人、妊娠中や授乳中の人、服用時に他の薬を服用している人などは医師に相談してください。 もしセディールを服用するのを忘れた場合は、気づいた時に1回分服用しましょう。しかし次の服用までの時間が4時間以内であれば服用しないで次の1回分の時に服用するようにして下さい。2回分を1度に服用するのはやめましょう。

セディールの購入方法

セディールの購入方法

セディールの購入方法ですが現在2種類の購入方法があります。



病院での購入

日本でセディールの有効成分であるタンドスピロンクエン酸塩は処方箋薬として厚生労働省にて指定されていますので、通常病院、医師の処方の元でしか購入する事はできません。

一般的にメンタルクリニック、心療内科、精神科、内科などで処方してもらうことができます。

通販での購入

病院での購入で医師の処方の元しか購入できないと記載しましたが、これは国内のセディールに当てはまることで海外で一般的に販売されているものであれば個人輸入と言う形でセディールを海外から通販することもできます。医薬品の中には個人輸入できないものもありますが、セディールは個人で使用する場合に限り申請しなくてもセディールを通販することができるのです。

もちろんセディールやほかの医薬品に関しての個人輸入には制約がありますますが、個人輸入代行サイトを利用することによって法律に基づいた購入方法で通販することができ、さらに海外の偽物などをだまされて購入してしまうというリスクもまったくないので安心です。

通販での購入は病院へ行く時間がない人や、病院へ行くことに抵抗がある人、医療費のコストを抑えたい人、1度病院でセディールを処方してもらったことがある人などにとってもお勧めの購入方法となっています。

抗うつ剤の通販のバナー