バスパーは通販で購入できる抗不安薬です。安全性も高く依存性もみられないため人気が高くなっています。

TOPページ >バスパー

バスパーとは

バスパー

バスパーとは有効成分ブスピロンを主成分とした非ベンゾジアゼピン系に分類されている抗不安薬です。

アメリカのニューヨークに本社がある製薬会社ブリストル・マイヤーズスクイブが開発、販売しているのですが1985年に西ドイツで初めて医薬品として承認されておりそれ以降世界的にも爆発的な売り上げを誇っています。

バスパーの人気の秘密は効果が高い割に依存性が少なく安全性が高い事だと考えられており、世界では全ての薬(精神系以外にも含めて)の中バスパーは40位にランクインしています。

これだけ世界で人気の高い抗不安薬であるバスパーですが残念なことに日本では承認されておらず病院で処方してもらう事は実はできないのです。

しかし日本でもバスパーの人気は高く実は海外から通販で購入することができるのです。



バスパーは通販でしか買えない

バスパーは通販でしか買えない

逆に説明しますと、バスパーは日本では通販でしか購入することができません。その理由とは先ほど記載した通り日本ではバスパーは承認薬として認められていないからです。

しかし世界の薬の売り上げTOP40にランクインしているバスパーですから必要としている日本の人もたくさんいるのです。

実は日本で人気の高い抗不安薬としてデパスがありますが、アメリカやイギリスなどではあまり一般的ではありません。しかし日本ではデパスが選択されることが多く、日本人の為の薬としてデパスはあるようなものなのです。

しかしデパスは2016年に向精神薬として指定されており、処方できる個数が制限されたり、今までは個人輸入することができたのですが一切できなくなってしまったのです。

従来個人輸入としてデパスを通販していた人たちの多くがバスパーを代わりに通販しているのです。

バスパーはデパスと同じ抗不安薬ですが、個人で使用する場合に限って通販で購入することができるのです。



バスパーはジェネリックがお得

バスパーを個人輸入で通販する場合にお勧めなのがバスパーのジェネリック医薬品です。

ジェネリックとはバスパーを先発薬とし、その先発薬と同じ有効成分を元に先発薬の製薬会社とは異なる製薬会社が開発された医薬品のことを指します。

ジェネリック医薬品は先発薬に対して後発薬とも呼ばれており、現在日本でもジェネリック医薬品が推奨されているのです。なぜジェネリック医薬品が推奨されているか?その理由は薬価代が新薬に比べてかなり安いからなのです。

日本は高齢社会に突き進む一方で、現在でも莫大な医療費を国が負担しているのですが、これからもっとその莫大な医療費は増えていく一方です。その医療費の削減のため世界規模でジェネリック医薬品が推奨されているのです。

ジェネリック医薬品を選択することは個人の医療費の削減ともなり、バスパーを個人輸入で通販する場合もジェネリックを選択するとお得に購入できるというわけなのです。



バスピン

バスピン

バスピンはインドのインタスファーマ社が開発し販売している非ベンゾジアゼピン系の抗不安薬でバスパーのジェネリック医薬品です。有効成分はブスピロンで服用することで不安な気持ちや緊張、動悸などを落ち着かせてくれます。

バスピンは通販で購入することができ、ブスピロン5mg、10mgがあり5mgで1錠27円、10mg49円とかなり格安で販売されています。バスピンを通販する場合、100%正規品保障しているお薬なびでの購入がお勧めです。



バスポン

バスパー

バスポンはDeva Holdings社が開発販売しているバスパーのジェネリック医薬品で有効成分はもちろんブスピロンを主成分としています。不安障害や、うつ病、不眠症などの治療で使われておりアザピロン系、非ベンゾジゼアピン系に分類されている抗不安薬です。

安全性が高く副作用が少ない事から抗不安薬の通販の中でも人気のお薬となっています。バスポンは5mg1錠50円代で販売されています。



バスパーの効果

バスパーは漠然とした不安を抱えている場合や、気分が落ち込んでやる気が出ない状態が継続している、動悸や緊張がひどいときなどに効果を発揮する抗不安薬です。

有効成分であるブスピロンはゆっくりと時間をかけて治療していく体にやさしいお薬で、安全性が高く、依存症の心配もありませんので安心して使用することができます。

ブスピロンはセロトニン5-HT1A受容体部分作動薬でベンゾジアゼピン系の短所的な部分を補うことができ、セロトニン受容体の一種である5-HT1A受容体にだけ働きかけます。その為ベンゾジアゼピン系の特徴であったふらつき、鎮静作用などが抑えられています。

セロトニンはうつ症状などに大きく関わっていると考えられており、一時的にセロトニンの放出を抑制させ、神経終末にある小胞体内に溜められ、反復投与によって自己受容体数が正常値にまで減少しそしてそれと同時にタンドスピロンに対しての自己抗体の感受性が下がりその結果セロトニンが放出されるのを解除されるので、抗うつ効果や抗不安効果を発揮することができるのです。

同じ5-HT1A受容体部分作動薬に日本で多く処方されている「セディール」があります。

うつ病診断セルフチェックはこちら

バスパーの副作用

バスパーは安全性の高い抗不安薬ですので副作用が表れることは少なくなっています。しかし全く副作用がないわけではありません。症状としてあるのが眠気や、眩暈、吐き気、頭痛、ふらつき、発疹などです。

もし重症化した場合や異変を感じた場合は医師、または専門家に相談しましょう。

バスパーの飲み方

バスパー

バスパーの飲み方ですが、不安障害と不眠症の場合では少し異なってきます。

不安障害などの場合の飲み方

不安障害、うつ症状が出ている場合1日1回1~3錠を1日2回服用します。最初少量から始め効果が得られない場合5mgずつ増量させていきます。1日の最大量は60mgまでとなっています。水やぬるま湯で拭き宇要するのが好ましいです。

不眠症の場合の飲み方

不眠症でバスパーを服用する場合、寝る前に1回1~3錠を服用します。薬の量を増やす場合は5mgずつ増やしていきましょう。

不眠症と睡眠薬について詳しく

抗うつ剤の通販のバナー