ルネスタの効果や副作用、服用方法をご紹介しています。

TOPページ >ルネスタ

ルネスタの効果や副作用、飲み方

ルネスタ

睡眠薬のルネスタを使うに当たり気になるのはその効果や副作用、飲み方などです。
ルネスタの一般名は「エスゾピクロン」で2012年に発売が開始された非常に新しい睡眠薬です。
ルネスタの最大の特徴として、アモバンの有益な部分だけを取り出し安全性を高くし、副作用を軽減させています。そのため人気が高いルネスタですがやはりまだ新しいお薬の為気になることはたくさんあります。

このページではそんなルネスタの効果や副作用、飲み方、購入方法などをご紹介していきます。

>>ルネスタを今すぐ購入

※リンク先はジェネリック医薬品になります。





ルネスタの効果

ルネスタの効果

ルネスタの有効成分エスゾピクロンは非ベンゾジゼアピン系に分類されており、その効果の強さは睡眠薬の中でも寝付きやすいと評判です。そして翌日朝起きた時に薬が残ることなくスッキリとした目覚めを迎えることができます。

睡眠薬のパイオニア的存在ともいえる「アモバン」の「S体」と呼ばれている効果の出る部分だけを抽出して作られた有効成分で、効果はばっちり、副作用は少ないといったメリットの多い睡眠薬となっています。

アモバンと効果はほぼ同じですが、特にアモバンの特徴であった強い苦みを軽減させることができ、苦みのせいで服用する事が出来なかった人でも安心して使用する事ができます。

ルネスタは非ベンゾジアゼピン系ですがベンゾジアゼピン系にも睡眠薬があり同じく代表的な睡眠薬となっています。ベンゾジアゼピン系には即効性があるものや、持続性があるものなど様々なありますが、非ベンゾジアゼピン系には即効性があり、作用時間が短い特徴があるものしかありません。

しかし非ベンゾジアゼピン系はベンゾジアゼピン系に比べると効果に対して副作用が少なくバランスが非常に良い、即効性に優れているなどといった特徴がありすぐ眠りにつきたい人にはもってこいの睡眠薬となっています。

>>ルネスタを今すぐ購入

※リンク先はジェネリック医薬品になります。


ベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系

睡眠薬ではベンゾジアゼピン系と非ベンゾジアゼピン系が代表的に使われています。ルネスタは非ベンゾジアゼピン系ですがその他の種類もご紹介します。

・ベンゾジアゼピン系
デパスグランダキシン、ソラナックス、ハルシオン、リーゼ、メイラックスなど

・非ベンゾジアゼピン系
ルネスタ、マイスリー、ソナタ、アモバンなど

ベンゾジアゼピン系は抗不安薬として使用されているものも多いですが、非ベンゾジアゼピン系は睡眠に特化しているものがほとんどです。

ルネスタの作用時間

睡眠薬を選択するときに一番気になるのはその作用時間です。

ルネスタは最高血中濃度に達するのが1時間~1.5時間で半減期が4~5時間となっています。そのため「超短時間型」に分類されており、入眠に関して問題がある不眠症のための睡眠薬となっています。

途中で目覚めてしまう中間覚醒や起きたい時間よりも早く起きてしまう早朝覚醒の不眠症には向いておりません。そのような場合は短時間型~長時間型の睡眠薬を選択しましょう。



ルネスタの副作用

ルネスタの副作用

ルネスタの有効成分「エスゾピクロン」は非ベンゾジアゼピン系に分類されている睡眠薬です。ベンゾジアゼピン系に比べて副作用が軽減されておりさらに依存症などの発生も少なくなっています。

そして効果で説明した通りアモバンの「S字体」のみ抽出されたもので、その為効果そのまま副作用が少なくなっているのです。

もちろんルネスタに副作用が全くないわけではありません。軽減されてはいますがまれに起こる場合もあります。

比較的少ない中でも多いとされているのが

・眠気
・ふらつき
・もうろう
・脱力感
・耐性
・依存

などです。眠気は睡眠薬なのであって当たり前なのでは?と感じますが、飲む時間を調整し朝起きても眠気が続いていればそれは副作用に当てはまります。

重症な副作用はほとんどないとされていますが、基本的に決められた用量、用法で服用する事が重要となっています。

ルネスタの飲み方

ルネスタの飲み方

ルネスタの飲み方ですが

成人であれば通常有効成分エスゾピクロン2mgを1回就寝前に服用します。

高齢者であれば、1mgを1回服用します。

1回の最大量は
成人で3mg、高齢者で2mgまでとなっています。

ルネスタは超短時間型なので即効性が期待できるので必ず就寝前に服用しましょう。

薬が効きやすい人は布団に入る10分前に飲むのが良いとされています。

>>ルネスタを今すぐ購入

※リンク先はジェネリック医薬品になります。


ルネスタの注意事項

ルネスタの注意事項

ルネスタを服用するにあたっていくつか注意事項があります。

服用禁忌

下記の方はルネスタを服用する事が出来ません。
・以前ルネスタ、もしくはエスゾピクロン、ゾピクロンに対してアレルギー症の既往歴がある方は服用禁忌となっています。
・重症筋無力症の方はエスゾピクロンの筋弛緩作用によって症状が悪化してしまう可能性があるため服用禁忌となっています。
・急性狭隅角緑内障の方は眼圧が上がり症状が悪化してしまうかもしれない為服用禁忌となっています。

下記の方は原則は禁忌薬となっていますが、どうしても必要な場合は必ず医師と相談し慎重に服用しなければいけません。
・肺気腫
・肺性心
・急性期の期間性喘息や脳血管障害で呼吸機能が著しく低下している方

服用注意

下記の方は服用に関して慎重にならなければいけません。
・体の弱っている方はルネスタの効果が強く出てしまい通常時より副作用が発症しやすくなっています。
・高年齢の方は血中濃度が上がりやすい傾向があることが認められているため副作用が発症しやすいので服用量は1回1mgとなっており増量する場合でも2mgを超えないように注意が必要です。
・心障害のある方は血圧が低下してしまう恐れがある為服用には注意が必要です。
・脳に器質的障害がある方は効果が強く表れる恐れがある為服用には注意が必要です。

その他にも服用注意の場合がありますので医師に確認しましょう。

妊娠中、授乳中の服用に関して

妊娠中に睡眠薬を飲んでもいいのか?この質問に関してはルネスタやアモバンに限らず治療する場合において睡眠薬を飲むことで飲まない危険性よりも有益性が上回る場合のみ服用する事が望ましいとなっています。

簡単に説明すると基本的には服用しないのが好ましいですが、服用したほうが服用しないより母体の健康に関して良いと判断した場合のみ服用しましょう。

もちろん自分で判断するのではなく医師に相談して下さい。

授乳中も基本的に服用は避けるべきなのですが、もし服用しなければいけない時は授乳を中断するか避けるようにしましょう。

その他のルネスタの注意

・お酒(アルコール類)と併用は効果が強く出てしまう可能性が高く精神運動機能が低下してしまうためルネスタはお酒と一緒に服用しないようにしましょう。

・新生児や乳児、幼児に関しては安全性が確率していません。

・決められた用法や用量以上にルネスタを服用すると思わぬ重症な副作用を起こす可能性が非常に高いので必ず定められた通りの服用量や服用方法で使用して下さい。

ルネスタの購入方法

ルネスタは2012年から日本で販売が開始された睡眠薬です。日本国内では処方箋薬に指定されているため病院での処方が一般的となります。ドラッグストアなど店頭販売は行われておりませんのでもちろん市販もされていません。

しかしルネスタは海外から通販で購入することができるのです。これは一体どういう事でしょうか?

ルネスタは通販で購入できる

ルネスタは通販で購入できる

ルネスタは上記で説明した通り日本国内では処方箋薬に指定されていますが、海外で一般的に販売されていて尚且つ厚生労働省により個人輸入を禁止されていないお薬は通販で購入することができるのです。(アモバンは2016年にデパスと一緒に個人輸入が禁止となりました)

個人輸入代行サイトを利用することによりいつも使用している通販サイトと同じようにルネスタを購入することができるのです。

さらにルネスタよりも販売価格の安いルネスタジェネリックも個人輸入することができるため保険が適用されていない薬でも安価に手に入れることができるのです。

もちろんルネスタは日本国内では処方箋薬に指定されているため、個人輸入に関しても規則があります。

1度に購入できる個数が定められていたり、販売目的では購入できないなど、必ず個人で使用する場合に限り通販のように手続きなしで購入することができるのです。

定められた方法と考えると少し難しいですが、個人輸入代行サイトを利用すれば法律に基づいた購入方法でルネスタを通販することができます。

>>ルネスタを今すぐ購入

※リンク先はジェネリック医薬品になります。


ルネスタのジェネリック

ルネスタのジェネリックとして販売されている海外の医薬品をご紹介いたします。

フルナイト

ルネスタジェネリック

フルナイトはインドの大手製薬会社「サンファーマ社」が開発、販売しているルネスタのジェネリックになります。有効成分はエスゾピクロンで短時間型の睡眠薬となります。効果や効能はルネスタと同等で入眠に対して障害がある不眠症の人向けとなっています。

1錠あたり64円~81円と購入しやすい値段となっているためルネスタのジェネリックの中でも人気となっています。

ハイプナイト

ハイプナイト

ハイプナイトはインドの大手製薬会社「Consern Pharma社」が開発販売しているルネスタのジェネリックです。有効成分はもちろんルネスタと同じエスゾピクロンでアモバンの「S字体」だけを抜き出した副作用や苦みの少ない安全性の高い睡眠薬となっています。

1錠あたり有効成分の含有量によっても異なりますが56円~99円と購入しやすい値段ですので人気が高くなっています。



ルネスタが向いている人は?

ルネスタは2012年に販売が開始された非常に新しい睡眠薬です。そのため従来の同じタイプの睡眠薬で効果がなかった人だとルネスタを試してみる価値はあります。

ルネスタは睡眠薬の中でも「超短時間型」に分類されていますので、中々寝付けないタイプの不眠症向けとなっています。そのため寝付くのに時間がかかってしまう人や、寝る前に色々考え事をしてしまう人などがルネスタが向いています。

その他にアモバンの苦みが苦手だったけどアモバンの睡眠効果は合っていたという人もアモバンの苦みを取り除き効果はそのままですので向いていると考えられますし、アモバンを通販で以前までは買っていたけど個人輸入禁止となってから同じ効果の睡眠薬を探している人も向いていると言えるでしょう。

>>ルネスタを今すぐ購入<<

※リンク先はジェネリック医薬品になります。


睡眠薬の通販