レクサプロは非常に効果や安全性に優れた抗うつ剤で人気が高く第一選択として選ばれています。

TOPページ >レクサプロ

レクサプロの効果や副作用、飲み方

レクサプロ

日本で2011年に発売が開始された非常に新しい抗うつ剤がレクサプロです。

レクサプロの一般名は「エスシタロプラム」で、デンマークの製薬会社、ルンドベック社が創製し世界では2002年から誕生しており、その後安全性が高く依存性もなく、効果もしっかりとしていることからうつ病の治療薬として世界中で愛用されるようになりました。

日本では持田製薬株式会社と田辺三菱製薬(デパスの製薬会社)がレクサプロ錠の製品名で共同販売しています。

抗うつ剤の中でもSSRIに分類されており、ジェイゾロフト、パキシルなどがありますがその中でも今現在では一番新しいタイプになります。

「選択的セロトニン再取り込阻害薬」の意味を持つSSRIですが、うつ病の原因などで重要となってくる「セロトニン」を増やし、うつ病治療を行うことができます。

このページではレクサプロの効果や副作用、飲み方などについてご説明していきます。

>>レクサプロを今すぐ購入

※リンク先はジェネリック医薬品になります。


レクサプロの効果

レクサプロの効果

レクサプロはうつ病やうつ状態において効果や効能があるのですが、MANGA Studyという研究で「継続性が最も高く、有効性が高い」と位置付けられています。

効果もしっかりと感じることができさらに副作用も少ないためとてもバランスに優れている抗うつ剤です。

有効成分であるエスシタロプラムはSSRIの特徴であるセロトニンが再び取り込まれるのを防ぐのですが、セロトニン系の神経のみに選択的に働き、従来のSSRIに比べてもセロトニンが取り込まれるのを防ぐ効果が強く、ノルアドレナリン、ドパミンに対しては取り込みを防ぐ効果が従来のものと比べて弱く、同じ系統の同じ系統の薬で見られていた副作用である低血圧、頻脈、悪心などが軽減されているのではないかと考えられています。

レクサプロの適応症

レクサプロの効果・効能は「うつ病、うつ状態、社会不安障害」となっています。レクサプロの有効成分であるエスシタロプラムはアメリカで90年代から販売されている「シタロプラム」にS体部分だけを抽出したものとなっています。

現在あるSSRIの中で最もエスシタロプラムは選択的にセロトニン再取り込阻害効果があると考えられておりうつ病やうつ状態、社会不安障害に有効的だと考えられています。

セロトニンとは?

抗うつ剤であるSSRIはセロトニン再取り込阻害薬ですが、セロトニンが再び取り込まれないように防いでくれる効果があります。セロトニンは脳にある神経伝達物質の1種類で、感情のバランスを整えてくれる作用があります。

セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれており、不足することによって気分が落ち込んだり、不安な感情になってしまいます。そのためセロトニンが低下してしまう事によってうつ病の原因だったり、パニック障害、不安症などを引き起こすとも考えられています。

レクサプロは開始の量が治療の量

通常同じSSRIである「パキシル」は治療を開始した場合10mgから始め、そして1週間以上たってから20mgに増やします。その後症状などに合わせ20mg~50mgで治療していきます。

従来の抗うつ剤は治療に入るまでに2週間以上かかるのですが、レクサプロは10mgが治療の量となっており治療開始から10mgを服用します。

早い場合だと1週間でその効果を実感できるようになるのです。抗うつ剤はゆっくりとじわじわ治療していくお薬なのですが、レクサプロは開始の量が治療の量となるのです。

>>レクサプロを今すぐ購入

※リンク先はジェネリック医薬品になります。


レクサプロの半減期や効果の持続する時間

レクサプロの半減期

どんな薬にも半減期や持続時間があります。この時間によって効き始める時間やそれが継続する時間、そして体から成分が抜ける時間などが関わってきます。レクサプロにも血中半減期があり、24.6時間~55.8時間、そして効果の持続する時間は最長で130時間と言われておりこれはかなり長い時間になります。

レクサプロの半減期

薬の血中半減期は薬を摂取してから血中濃度が最高の値まで上昇しそして半分にまで値が下がる時間のことを言います。 レクサプロの血中半減期は幅が広くその理由として有効成分を分解する時間に個人差があるという事、そして体重が重い人、体が大きい人ほど血中半減期が短くなるのです。

レクサプロは血中半減期が抗うつ剤の中で非常に長く血液内の成分濃度の変化が緩やかであるため離脱症状になりにくくなっています。

半減期が短いとなぜ離脱症状が起きにくいのか

基本的に半減期が長いお薬は離脱症状を起こしにくいと考えられています。その理由として血液中に薬の成分が長時間留まっているという事はその分成分の血中濃度が緩やかに変化するからなのです。

お薬の服用を中止して起こる離脱症状は急激に薬の血中濃度が変化してしまう事で起こります。もし半減期が短いと血中濃度が急激に変わってしまい体がその変化に耐えることができなくなり離脱症状を起こしてしまうのです。

レクサプロは非常に血中半減期が長いお薬ですので離脱症状を起こしにくい抗うつ剤と言えるのです。もちろんいくらレクサプロが離脱症状を起こしにくいとされていても継続して服用していたのに自分の判断だけで薬の摂取を急にやめてしまうと離脱症状を起こす可能性があります。

レクサプロの服用を中止する場合は医師の判断か服用量を徐々に減少させる必要があります。

レクサプロは持続時間が長い

レクサプロの持続時間は最長で130時間というかなり長い時間持続するという事が分っています。もちろん個人差はあるのですが半減期が終わってもレクサプロの成分であるエスシタロプロが脳内でこれだけの時間効果を持続してくれているのです。

半減期自体はそれほど長いというわけではないのですが、レクサプロの有効成分エスシタプロには特徴的な働きがあり、通常抗うつ剤は脳内のSERT(セロトニントランスポーター)に作用しセロトニンの再取り込を阻害します。

エスシタロプロもSERTと結びつきセロトニンが再び取り込まれるのを防いでくれるのですがさらにSERTを変化させエスシタロプロを離れにくくさせてくれる効果もあるのです。このため薬が抜けても効果は継続するのです。

レクサプロは服用回数が少ない

上記でレクサプロの持続時間が長いと説明しましたがそのおかげでレクサプロの副作用回数が少なくすむのです。1日に1回の服用でも定常状態にすることができ効果を得ることができます。同じ服用量で2回に分けることでさらに血中濃度を安定させることもできます。

1日1回の服用回数でよいため何回も薬を飲む必要がなく、飲み忘れてしまったという事や、急に薬が切れてパニック状態になったという事もないため非常に安定している抗うつ剤と言えるでしょう。

>>レクサプロを今すぐ購入

※リンク先はジェネリック医薬品になります。


レクサプロの副作用

レクサプロの副作用

レクサプロの効果で記載しましたが、レクサプロは従来のSSRIに比べて副作用が軽減されています。

セロトニンにのみ選択的に働きかけるため他に影響を与えないからだと考えられています。全体的に安全性が高い抗うつ剤で、長期の治療に対しても適しています。

しかしレクサプロは副作用が全くないわけではありません。SSRIで起こり得る副作用として、口の渇き、便秘、ED(勃起不全)、体重の増加、眠気、眠れない、食欲減退、吐き気、眩暈、ふらつき、尿閉などがありますが、レクサプロもこれらの副作用を起こ場合もありますが、従来のSSRIに比べると比較的少なくなっています。

その他にセロトニン症候群という副作用がSSRIの特徴的な副作用としてあります。服用開始などに重度な不安や、パニック、震え、発熱、頻脈などを感じた場合や、その他に異変を感じた場合は早急に医師に相談してください。

レクサプロの飲み方

レクサプロの飲み方

レクサプロの飲み方ですが、通常エスシタロプラム10mgを1日に1回夕食を食べた後に服用します。

増量する場合には1週間以上間を空けてから20mgまで最高で増やすことができます。

レクサプロを辞める時ですが、依存性や離脱性がないと考えられている為他のSSRIや抗不安薬のように徐々に減薬していく必要性はないと考えられていますが、やはり少しずつ減薬していくほうがよいでしょう。

うつ病は再発しやすい病気です。そのためにもうつ病を再発させないためにしっかりと治療することが重要です。

レクサプロを減薬する場合、中止の2週間前に半分にしてそして最後の1週間で薬を飲むのを中止していく場合が多くなっています。もし心配な場合は医師と相談して減薬していきましょう。

レクサプロの注意点

レクサプロを服用するに関しての注意事項があります。

・妊娠中もしくは授乳中の場合
妊娠中や授乳中、もしくは妊娠の可能性がある患者の場合、治療に関して危険性よりも有益性の方が上回ると診断された場合だけ投与します。それ以外の投与に関しては意志と必ず相談しましょう。もし授乳中に服用しなければいけない場合は子供に移行してしまう可能性が高いので授乳を中止してください。

・高齢者の場合
高齢者が服用する場合ですが、血中濃度が高くなってしまう傾向があるため服用の量に関しては慎重にならなければいけません。症状や状態によって投与量が異なりますので確認しましょう。

・自動車や高所、危険な場所での作業の場合
眩暈や、眠気等が副作用として表れることがあるのでレクサプロを服用する場合には十分注意が必要となります。

・その他
不整脈、肝機能障害、高度の腎臓機能障害、脳の器質的障害、統合性失調症、てんかんなどの痙攣性疾患、などの患者や既往歴があったことのある場合も使用に関しては要注意ですので服用に関して医師と相談しましょう。

服用量や服用方法は守ってこそ最大限に安全性、効果、効能は得ることができます。重症な副作用を引き起こさないようかならず決められた通りに使用してください。

レクサプロの購入方法

レクサプロの購入方法

レクサプロは日本国内においては処方箋薬に指定されている為一般的には病院で処方してもらわなければ購入する事はできません。医療用医薬品の為ドラッグストアなどでは市販されていないのです。

しかし何かしらの事情で病院へ行くことができない人や、時間がない、金銭的に事情がある場合など個人輸入代行サイトで通販することができます。

レクサプロは通販がお得

レクサプロは通販で購入できると記載しましたが、個人で使用する場合に限り申請なしにレクサプロを個人輸入することができます。

個人輸入代行サイトを利用することで家にいながら手間もかけずレクサプロを通販することができるのです。

もちろん1度に購入できる個数などが定められていたり、他人には販売してはいけない、他人に譲ってはいけないなどの制約はあり、それを守らなければいけません。個人輸入代行サイトであればそれらを守り一般的な通販サイトと同じように購入することができます。

レクサプロは日本ではまだ新しい薬で薬価もSSRIの中では一番高くなっております。

1錠10mgで212円で20mgだと424円かかってしまいます。3割負担となっても高額ですので、処方されても躊躇してしまう人も中にはいます。

レクサプロを通販で購入する場合ジェネリックも選択することができ、10mgで1錠38円で販売されています。かなり安価な為通販でレクサプロを購入する場合ジェネリックがお得となっています。

>>レクサプロを今すぐ購入

※リンク先はジェネリック医薬品になります。


レクサプロのジェネリックとは

レクサプロのジェネリック

レクサプロを通販で購入する場合ジェネリックがお得と説明しましたが、レクサプロのジェネリックとはいったいどういうものなのか?本当に効果があるのか、なぜお得なのか?気になるところです。日本でレクサプロはまだ新しい薬なのでジェネリック医薬品は開発されていないのですが海外ではレクサプロのジェネリックが開発、販売されています。

レクサプロのジェネリックとは他の製薬会社が同じ有効成分で新たに開発した医薬品のことを指します。後発薬とも呼ばれており同じ有効成分であるため効能や効果、安全性、副作用すべて同等となっています。

したがって同じ症状であればレクサプロだろうがレクサプロジェネリックだろうが有効成分が同一なので効果は一緒という事になります。

>>レクサプロを今すぐ購入

※リンク先はジェネリック医薬品になります。


レクサプロジェネリックは安い

ではレクサプロとレクサプロジェネリックでは何が違うのか?

それは販売価格です。まず先発薬であるレクサプロは開発までに莫大なコストがかかっています。一から新しい薬を開発するのに10年以上かかると考えられており、その費用はなんと300億円以上です。この莫大な開発コストを回収&利益を生むためにも薬の価格は設定されているのです。

しかしジェネリック医薬品は元から安全性や効果が確立されている有効成分を元に開発するため開発の期間は3年から5年ほど、費用は300分の1の1億円程となります。ジェネリックは開発コストが非常に安価なため販売価格もお得にすることができるのです。

そのためジェネリックを開発するのには先発薬の特許期間が失効されてからでしか日本国内ではできませんが、海外では開発、販売することができるところもあるのです。

通販できるレクサプロジェネリックが安いのには理由があったのです。では通販で購入できるレクサプロジェネリックをご紹介いたします。

レクサプロ・ジェネリック

レクサプロ・プロジェネリック

インドの大手製薬会社シプラ社が開発、販売しているレクサプロ・ジェネリックです。有効成分はもちろんエスシタロプラムで5mg、10mg、20mgが販売されています。

5mg1錠29円~で販売されているのでとてもお得に購入することができます。使用に関しては自己責任ですので必ず服用方法を守り、気になる場合は医師に相談しましょう。

>>レクサプロを今すぐ購入

※リンク先はジェネリック医薬品になります。


抗うつ剤の通販のバナー