デパスは抗うつ剤ではありますが、うつ症状以外にも様々な症状に効果があります。~万能薬~更年期障害

更年期障害にも効果がある万能薬デパス

女性の更年期 女性の場合は閉経に伴って、卵巣の働きが衰え、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの低下で、更年期障害になる方がいます。

更年期障害の特徴として、のぼせ、ほてり、発汗などの症状が現れます。
このような症状が日常生活に影響を及ぼすようになると更年期障害とよび治療も必要になってきます。

治療は医療機関はもちろん、その他にもホルモンバランスを整えるサプリメントを服用するホルモン補充療法、お薬を飲みながら行う抗うつ剤投与の治療、漢方を服用する漢方療法など治療方の道はいくつもあります。

ホルモン療法は、減少したホルモンを補充する方法で、子宮が残っている場合には黄体ホルモンも一緒に投与します。
ホルモン補充療法ができない場合には漢方療法を行います。
うつや精神の不安が主な症状になる場合やホルモン療法が効果がない場合には、抗うつ薬が処方されます。

抗うつ剤として有名なデパスは万能薬とも言われ、抗うつ作用、筋弛緩効果、抗不安効果、そして更年期障害の治療にも効果があります。

そして、その効果は短時間ですので、自分にあった量を服用することが大事です。
更年期障害で現れる主な症状として、挙げられる精神的な不安や精神うつの状態を緩和させることは更年期障害の対症療法となります。
そのため、この薬はうつに対して有効とされておりますので、病院への通院によっても処方してもらうことが可能です。

また、デパスには、うつ治療のほかにも心のコリや肩のコリ、筋肉のこわばりをほぐす効果(筋弛緩作用)も期待できます。
精神不安によってもたらされる肩こり、筋肉の緊張状態へも効果が現れるため、一般的に使用している方もいます。

デパスの一日最大処方量は3mgで、一回使用量は個人によって違いますから、医師や薬剤師に適正な処方量を教えてもらい、依存性などに対しても気をつける事がとても大切です。
まずは、少ない量からの服用を試みて、それで効果が感じられないときには、医師や薬剤師の指示のもとで服用量を増やしていくのが望ましいです。

うつの症状が辛いという方には、1~2錠の服用では効果が実感できないこともあります。
さらに、健康な人ではデパスの効果の持続時間は6時間ほど、お薬が効いている時間は4~5時間ほどになりますので、定期的に服用することが大事になってきます。

そのため、決められた時間にお薬を服用することもデパス服用の注意事項ではないでしょうか。

更年期障害を感じたら、まずは病院へ通い、お薬を処方してもらうことが一番です。

さらに、精神不安の症状があるときには、精神科やカウンセリングへ通いメンタルヘルスケアを行うことも必要ではないでしょうか。

エチラーム(デパス)
  • デパス
    エチラームとは、抗うつ剤、抗不安薬として有名なデパスのジェネリック医薬品です。
    精神薬として幅広い効果が期待できます。
    また、精神薬としてではなく、不眠症などの改善として睡眠障害にも利用されるなど利便性が高いことからとても人気な商品です。