筋弛緩作用があるお薬は重症な肩こりや腰痛、頭痛などでも処方されています。

TOPページ >筋弛緩作用の薬

筋弛緩作用のお薬

肩こり男性 デパスはうつ症状などの心の病や神経症などにかかってしまった際に、心の不安や緊張を和らげ、気持ちを落ち着けるために服用する、抗うつ剤としてとても有効なお薬です。そのため、心に大きな不安を抱えていたり、ひどく緊張していたりして悩んでいる方以外の方からは、このお薬は自分には関係のない、縁のないお薬と思われがちです。

確かに健康体で身体のどの部分に対しても異常がない人からしたら、デパスだけに限らず、他のどんなお薬とも関係がないことでしょう。しかし、デパスというお薬には「万能薬」という異名がある程、いろいろな症状に対して処方されることがあります。

抗うつ剤の他に有名な作用といえば、筋弛緩作用です。筋弛緩作用というのは、呼んで字の如く、筋肉を緩めてほぐす作用のことです。ただ、筋肉をゆるめてほぐす作用があると言われても、デパス=抗不安薬、抗うつ剤と言うイメージが強いため、うつ病ではないのに処方されることに疑問を感じるかもしれません。

しかし実際に筋弛緩作用で整形外科などでもデパスは処方されておりますし、手術前の緊張をほぐすために使用されることがある非常に安全性の高いお薬なのです。

※デパスは2016年に向精神薬として指定されました。以前までは通販(個人輸入)することができましたが、現在では通販(個人輸入)で購入することはできません。デパスと同じ筋弛緩作用を持つベンゾジアゼピン系の薬(グランダキシン)や特徴の似た薬の中には現在も個人輸入することができるものもあります。お探しであればチェックしてみてください。

筋弛緩作用で処方される症状

デパスが、筋弛緩作用で処方される症状はいくつかありますので詳しく説明していきます。

肩こり・腰痛

肩こり・腰痛 まず、この薬の筋弛緩作用によって改善が見られる症状としては、肩こりや腰痛が挙げられます。肩がこったり、腰に痛みを感じたりする原因は、肩や腰の筋肉が極度の緊張状態にあることです。ストレスが溜まったり強いプレッシャーなどを感じる体が強張ってしまう事もあります。

そのため常に体が固まってしまっている状態で疲れが取れなかったり、体調不良につながってしまったりするのです。ですから、筋弛緩作用で筋肉がゆるまってほぐされれば、症状が和らぐことに繋がるわけなんですね。

日々長時間のデスクワークなどで肩や腰を酷使せざるを得ない現代の世の中では、重い肩こりや腰痛に悩んでしまっている方も少なくないでしょうから、そんな肩こりや腰痛の解消に効果があるお薬だと聞いてデパスを自分にとって身近なものだと感じられるようになった方も多いのではないでしょうか。

頸椎症(むち打ち症)

肩こり・腰痛 また、頸椎症も、デパスの筋弛緩作用によって改善が見られる症状として挙げられるでしょう。頸椎症とは、首の骨に何らかの異常が起きることで引き起こされるものであり、筋肉がこわばって首などに痛みを感じたり、腕や手にしびれを感じたりといった症状が見られます。別名「むち打ち症」などとも呼ばれており交通事故などで症状が出てしまうことが多くあります。

むち打ちは受傷後すぐに症状が出るだけでなく数日してから発症することもあり、痛みだけでなく自律神経が関係しているので吐き気や体がだるくなる、疲労感、圧迫感、頭痛、肩こり、なども併発してしまうのです。

デパスを服用することで根本原因である首の骨の異常が改善するわけではないですが、筋肉のこわばりが取れることで、痛みやしびれなどのつらい症状が緩和され、さらに自律神経の乱れを整えてくれるので症状が軽くなり、日常生活を送りやすくすることができるのです。

頭痛

肩こり・腰痛 それから、タイプにもよりますが、頭痛の緩和という点においても効果を発揮する場合があります。筋収縮性頭痛というタイプの頭痛においては、有効な効果を発揮してくれます。数ある頭痛タイプの中でも代表的なタイプの頭痛だと言われています。

筋収縮性頭痛は症状としては、重苦しいような痛みが長く続くのが特徴です。この症状も筋肉が過度に緊張・収縮してしまうことで引き起こされるものであるため、デパスの筋弛緩作用で、緊張・収縮がゆるみ、症状の緩和が期待できるメカニズムになります。

デパスの筋弛緩作用をメインとして使用している使用者の体験談・口コミ

筋弛緩作用の体験談 ・30代男性(会社員)

私自身あまり肩こりや頭痛はひどいほうではなかったのですがある日を境に体が強張ってしまいずっと体が緊張しているような状態でした。睡眠をとっても疲れが取れず、毎日つらい思いをしていたので思い切って整形外科へ行ったのですが、そこで処方されたのがデパスでした。デパスと言う薬の存在は知っていたのですが、まさか自分が整形外科で処方されるとは思ってもいなかったです。

デパスをいただいてすぐに服用してみたのですが、服用後1時間もすれば今まで強張っていた体が信じられないくらいほぐれたような気がしたのです。この効き目はすごいと思って処方された通りに飲み続けたところ1週間後には服用していなくても体が固まっていたのがすべてなくなりました。精神的な事もあったかもしれないと医者には言われて確かにここ最近仕事でストレスを溜めていたなと改めて実感しました。また体が固まったら病院でデパスを処方してもらいたいです。

・40代女性(主婦・パート)

デパスを初めて処方されたのは肩こりがひどくて気持ち悪くなり、夜も寝れない日々が続いた時に整形外科に通いはじめたころでした。普段肩こりに良い運動と共にデパスの服用もしてくださいと言われデパスの服用を始めたのですが、デパスを飲んだ日はビックリするくらい疲れが取れ良く眠れるようになりました。主人にはデパスはうつ病の薬だから飲むのを辞めなよと言われたのですが、医師に処方されたものだしなんせかなり楽になれたので飲み続けました。しかしデパスで調べると依存してしまうという情報が多かったので依存しないよう本当に肩こりがひどいときなどに使用しようと思っています。

・20代男性(会社員)

緊張しやすい性格で急激に不安感を感じるようなタイプだったので、デパスは以前からたまに使用していたのですが、筋弛緩作用にも良いと聞いたので肩こりや頭痛がひどいときに飲んでみると一気にリラックスすることができたのです。前までは不安感をとるためだけに飲んでいたのですが、これからは肩こりや頭痛がひどいときにも服用しようと思いました。

デパスの筋弛緩作用について

デパスは万能薬と言われている通り抗うつ作用や抗不安作用だけでなく上記に記載した通り、症状によって筋弛緩作用も得ることができます。心だけでなく身体もリラックスさせることができる為、私たちが生活している現代社会にとっては無くてはならないお薬となっているのです。

整形外科などでうつ病でなくてもデパスは多く処方されています。そしてデパスは更年期障害の薬としても処方されているのです。それだけ安全性の高いお薬なのですが、もちろん依存症の心配もあります。これだけ万能薬であれば常に服用したくなるのですが、やはり耐性も考えられる為、デパスの使用は計画的に行わなければいけません。乱用や、量を多く服用するなど間違った使い方をしてはいけません。必ず決められた用法で、決められた量を服用してください。

実はデパスは日本のお薬で海外、特に欧米などではあまり知名度はありません。デパスは日本社会の為のお薬と言えるのではないでしょうか。

抗うつ剤の通販のバナー