デパスは抗うつ剤ではありますが、うつ症状以外にも様々な症状に効果があります。~万能薬~筋弛緩作用

筋弛緩効果がある万能薬のデパス

肩こり男性 デパスはうつ症状などの心の病や神経症などにかかってしまった際に、心の不安や緊張を和らげ、気持ちを落ち着けるために服用する、抗うつ剤としてとても有効なお薬です。

そのため、心に大きな不安を抱えていたり、ひどく緊張していたりして悩んでいる方以外の方からは、このお薬は自分には関係のない、縁のないお薬と思われがちです。
確かに健康体で身体のどの部分に対しても異常がない人からしたら、デパスだけに限らず、他のどんなお薬とも関係がないことでしょう。

しかし、デパスというお薬には「万能薬」という異名がある程、いろいろな症状に対して処方されることがあります。

抗うつ剤の他に有名な作用といえば、筋弛緩作用です。

筋弛緩作用というのは、呼んで字の如く、筋肉を緩めてほぐす作用のことです。

ただ、筋肉をゆるめてほぐす作用があると言われても、やっぱり自分との関係が見えてこない方もいらっしゃるでしょう。
なので、筋弛緩作用によって、具体的にどんな症状に改善が見られるのかを1つ1つご紹介しますね。

まず、この薬の筋弛緩作用によって改善が見られる症状としては、肩こりや腰痛が挙げられます。
肩がこったり、腰に痛みを感じたりする原因は、肩や腰の筋肉が極度の緊張状態にあることです。ですから、筋弛緩作用で筋肉がゆるまってほぐされれば、症状が和らぐことに繋がるわけなんですね。

日々長時間のデスクワークなどで肩や腰を酷使せざるを得ない現代の世の中では、重い肩こりや腰痛に悩んでしまっている方も少なくないでしょうから、そんな肩こりや腰痛の解消に効果があるお薬だと聞いてデパスを自分にとって身近なものだと感じられるようになった方も多いのではないでしょうか。

また、頸椎症も、デパスの筋弛緩作用によって改善が見られる症状として挙げられるでしょう。頸椎症とは、首の骨に何らかの異常が起きることで引き起こされるものであり、筋肉がこわばって首などに痛みを感じたり、腕や手にしびれを感じたりといった症状が見られます。

この薬を服用することで根本原因である首の骨の異常が改善するわけではないですが、筋肉のこわばりが取れることで、痛みやしびれなどのつらい症状が緩和され、日常生活を送りやすくすることができるのです。

肩こり男性 それから、タイプにもよりますが、頭痛の緩和という点においても効果を発揮する場合があります。

筋収縮性頭痛というタイプの頭痛においては、有効な効果を発揮してくれます。
数ある頭痛タイプの中でも代表的なタイプの頭痛だと言われています。
筋収縮性頭痛は症状としては、重苦しいような痛みが長く続くのが特徴です。

この症状も筋肉が過度に緊張・収縮してしまうことで引き起こされるものであるため、デパスを服用することで、緊張・収縮がゆるみ、症状の緩和が期待できるメカニズムになります。

エチラーム(デパス)
  • デパス
    エチラームとは、抗うつ剤、抗不安薬として有名なデパスのジェネリック医薬品です。
    精神薬として幅広い効果が期待できます。
    また、精神薬としてではなく、不眠症などの改善として睡眠障害にも利用されるなど利便性が高いことからとても人気な商品です。