エチゾラムの効果について記載しています。うつ症状に対してとても有効ですが、服用方法には注意が必要です。

デパスの有効成分エチゾラムの効果ついて

GABAとは デパスはベンゾジアゼピン系と同等の効果を持つお薬で、うつ病や神経症、不安障害などの改善に効果があるお薬です。

主成分はエチゾラムと呼ばれる物質で、その働きとしてはGABAとういう抑制系神経伝達物質の働きを活性化させることにあります。

GABAは脳や脊髄などに存在し、ドーパミンやノルアドレナリンといった興奮系神経伝達物質の活性を抑えるのが主な働きとなります。
ベンゾジアゼピン系の抗不安薬の中にはソラナックスやメイラックス、ワイパックスなど数多くの種類があり、それぞれに効果の強さや作用時間が異なります。
その中でもデパスは効果が非常に穏やかであり作用時間も非常に短時間なため、抗不安薬の中では安全性が高くなっています。

デパスについて詳しく

エチゾラムとは

エチゾラムとは エチゾラムとは正式にはチエノトリアゾロジアゼピン系に分類されており、抗不安薬や睡眠薬に使用されています。ベンゾジゼアピン系と同じような作用を持つため同類にもされています。エチゾラムは日本で開発された有効成分で、他の国ではイタリアやインドで医薬品として扱われています。エチゾラムは少ない量で効果を発揮することができ、ベンゾジアゼピン系に対して5~6倍の作用を発揮します。

4分の1程度の量だけで作用を期待することができます。力価は強く最高血中濃度に達するまでの時間も早いため服用後すぐに効果を得たい人には最適となっていますが、その分効果の持続時間も短いため薬の効果が切れるのも短くなっています。効果の持続時間が短い分、服用回数が多くなるため依存症になりやすいと考えられておりエチゾラムの服用に関してはあまり連用は勧められていません。

そのため、うつ病や神経症でも比較的症状の軽い、初期の患者さんに処方されることが多いのが特徴です。
安全性が高いとされていても、少なからず副作用が起こることがあります。

また、副作用とは別に、間違った服用方法で摂取してしまった場合、お薬を止める際に離脱症状を引き起こす場合があります。
離脱症状とはお薬への依存度が高くなってしまい、薬を止めたくても止められなくなってしまう症状のことです。

デパスを長期間にわたって服用しているとGABAが安定的に体内に補給されるため身体がその状態に慣れてしまい、その状態で薬を突然やめてしまうと、その変化に体がついていけずに体調を崩してしまうのです。

具体的な離脱症状としては不安や興奮による幻覚症状や妄想、不眠、手足の震え、イライラなどがあります。

また、眼圧が上昇することで飛蚊症や緑内障、白内障など目の病気を発症することもあります。
こういった離脱症状はお薬を長く服用していたほど症状が強く長く出る傾向になり、中には1年以上も離脱症状に苦しむ人もいます。

このような離脱症状を避けるためにも、服用方法を守り、必要以上の服用は絶対にしないことが大切です。

エチゾラムを有効成分としているお薬

エチゾラムを主成分としたジェネリック医薬品は多数開発されています。日本での先発薬名は田辺三菱製薬のデパスで、その後他の製薬会社からデパスのジェネリックとしてエチゾラム錠、アロファルム、エチドラール、サイラゼパム、パルギン、グペリース、デゾラム、など他にも多数あります。

海外ではエチゾラムを有効成分としたエチラームが販売されています。エチラームはインドのインスタファーマ社が開発したお薬で以前までは個人輸入できたことから多くの人が日本から個人輸入していました。しかし2016年10月13日以降はエチゾラムは麻薬及び向精神薬に認定され、海外からエチラームを個人輸入することはできなくなりました。

もちろんデパスや日本で販売されているエチゾラムを有効成分としたジェネリック医薬品は病院などで変わらず処方されています。

うつ病の治療

癒し画像 お薬の効果で症状を抑えつつ、うつ症状の根源となっている不安を取り除くことがうつ症状の治療では大切な事になりますが、それと同時に気を休める十分な休養も必要となります。

これらはメンタルヘルスケアに含まれ精神病全般共通している点と言えます。

現代人にうつ症状の人が増えているのは学校や仕事、そして家事や育児などなどに追われるような生活をしている人がとても多いことが原因と言えます。
かと言ってそれらの事を疎かにして一息つくこともできないというのが現状で、時間に終われる生活をしているといつしか気づかないうちにうつ病になってしまっている事もあります。

どの病気も休むことは大事なのですが、うつ病の場合体だけでなく心も休ませなければなりません。
自宅などの自分が一番落ち着ける場所でゆっくり過ごす事が一番の治療方法ではありますが、そういった場所の確保が難しい場合は専門の機関に入院したりして治療をするのも一つの手段になります。

どちらにしても余計な事は考えないようにして心身ともに休めることが重要になります。

もちろん症状の軽さによってはお薬の服用のみでも症状が完治の方向へ向かうこともありますし、趣味に時間を使ったり、運動をして汗を流したり、食事や生活の改善を計り、リフレッシュすることで自然と治療へと向かう可能性もあります。

理想はこうしてお薬を飲まずして改善できれば一番良いのですが、これがもし、重度の症状だった場合には、こうした改善方法での治療はほとんど不可能になります。

そういう状態になる前に早めの対応が必要になるので、一週間に一回でも自分を見つめる時間を少しでも持ってあげる事が大切になります。

エチラーム(デパス)
  • デパス
    エチラームとは、抗うつ剤、抗不安薬として有名なデパスのジェネリック医薬品です。
    精神薬として幅広い効果が期待できます。
    また、精神薬としてではなく、不眠症などの改善として睡眠障害にも利用されるなど利便性が高いことからとても人気な商品です。