当院で抗うつ剤のデパスを処方している患者さんの声と、メンタルヘルスを大切にする院長からのメッセージを紹介します。

医師からのメッセージ

当院長:山本 孝文 当院長:山本 孝文(熊本県出身、東京慈恵会医科大学卒業、同大学病院勤務経験)

山本メンタルクリニックは患者さまにとって通院しやすい環境づくりをモットーに些細なことでも可能であれば相談をいただきたいと思っております。

患者さまとの接し方においても垣根をなくすことで、信頼を得ることを目標としております。

当クリニックは比較的新しいですが地元に根付いた診療を行っており、地元の皆様に愛されるよう努力しております。

心療科は中々足を踏み込みにくい場所だとは思いますが、現代社会においてストレスは増加するばかりで、実際にうつ病などで悩んでる人はデータ数よりも多いと考えております。

実際精神科や心療科を受診する方は年々増加しており、当クリニックでも開業以来患者さまの人数は増えております。

精神科の病気は理解されにくいのですが、医学の進歩とともに脳の病気によって引き起こされているということが、発見されていて治療薬や治療方法も昔と比べ格段に進化しております。

私は当クリニックを開業する前は大学病院などで勤務しておりましたが、様々な臨床の経験をいかし身近な相談役として地域に密着したクリニック作りを目指すために開業いたしました。

精神科や診療内科の病気は治療が必要なのか自分では判断しにくいものが多いのでなかなか足を運びにくいかもしれません。

しかし早めに治療を始めることで、重症化することを予防できるのでお勧めいたします。

日常生活の悩み、対人関係、不安感、不眠症など様々なお悩みがあるとは思われますが、一人で悩まず一度ご相談ください。

長年の心療科精神科でも経験を生かし、患者さまのお悩みにこたえるべく尽力を尽し問題解決にお役立ちできればと思います。

スタッフ一同、患者さまを家族のようにお迎えしているので、気軽にお話しかけください。

当院に通う患者の声

患者の手を添える医者 私は自衛隊でした。
今では実家に戻りニートをしています。

なんでまた、と思うかもしれませんが今は私はデパスという精神を安定させる薬を飲みながら生活をしなければならない生活を送っています。
皆さんは自衛隊がどのような訓練をしているか知っていますか?

良く海外の海兵さんや陸軍、特殊工作員と言われる人たちが悪い人たちになっていたりとかってありますよね?
あの気持ちが多少理解出来てしまうのと、本当にタフでないとあの仕事はやっていられないということ。

まず、基本的に人権なんてものは存在しません。

なので、自衛隊になった瞬間から一切の人権がなく後は上官に言われることは何があっても絶対です。
もうほぼ洗脳なわけですが、これに慣れるまでにまずは半年はかかります。

それに、後はもう肉体攻め。
これでもう精神も肉体もぼろぼろ。

これを永遠と繰り返していくわけですので、洗脳は完璧に近いほどに出来上がり、いってしまえば上官の言うことを聞くロボットのようなものです。
私は自衛隊の頃から、もう結構耐えきれないと思いデパスは飲んでいました。

でもデパスだけでは全く精神を安定させることが出来そうになくなり、一時期は抗うつ剤を服用するほどでした。
ただ、抗うつ剤になるとほぼ無気力だったり、あまり気持ちが入らなくなってしまうので、それはそれで上官にこっぴどく怒られるのです。

そんなことを繰り返していき、私はもう耐えきれなくなり遂にやめる決心をしたのですが、私も軽い洗脳状態であった為、辞めるなんてことを言うことをいったらどうなるのかなんて考えも出来ない程恐怖でした。

結果的にはどうにか辞めるということを話すことができて、1ヶ月かかりましたが家にこうして戻ってくることができました。

でも、もう辞めた後に何かされるのではないか、とか誰かに見られているのではないか、といった恐怖からもう私は外に出るのすら怖いのと、迷彩模様を見ると一気に動機が激しくなってしまうので、外に出ることすら出来ずじまい。

私だってしっかりと社会に出て働きたいですが、あのときの恐怖などがまだ残っているので私が前に進むことが出来ません。

こんなことは一般の方々に言っても理解してもらえないでしょうが、少しでも私は社会に一日でも早く復帰するためにデパスを飲み洗脳から脱出してみせます。